お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年10月18日

フロセミド

フロセミドはループ利尿薬の
代表的なお薬です。

利尿作用の強さは
ループ>サイアザイド>アルドステロン受容体拮抗薬
とされていますから、
溢水の方などで体液を減らしたいときは
ループ利尿薬がまず使われると思います。

ループ利尿薬の薬理作用はどれも同様で
静注で十分量を投与すれば
効果は変わらないとされていますので
ループ利尿薬の代表であるフロセミドは
使いこなせるようになっておきたい薬剤です。


知っておきたい性質は以下の通りです。

■性質
pH 8.6-9.6のアルカリ性製剤
 →pHの低い製剤との配合は不可
oral bioavailability 10-100%(非常に低い・個人差が非常に大きい)
持続時間:6時間(短い)
作用発現時間:0.1-1時間
降圧効果なし
 RAAの活性化のため
ループ利尿薬はいずれも短時間作用型ですから
十分な利尿効果を発揮させたいときは2回/日が必要です。


薬物動態も忘れずに知っておきましょう。

■薬物動態
蛋白結合率が高い(90%以上)
近位尿細管周囲の毛細血管に効率的に運ばれる
近位尿細管上皮細胞に取り込まれる
 血管側のOAT1 or OAT3が重要
尿細管管腔内に分泌される
 尿細管腔側のOAT4が重要
ヘンレループ上行脚管腔側から作用
 Na/K/2Cl共輸送体の阻害(Na再吸収抑制)
 尿素トランスポーター抑制→間質の浸透圧を低下させる

上記のどこかが破綻すると
フロセミド抵抗性となります。

例えば、、、

 腸管浮腫
  ネフローゼ
 腎血流低下:心不全など
 近位尿細管での取込み阻害:アセタゾラミド、シメチジン、NSAIDs
 低アルブミン血症
  Alb ≦ 2.0 g/dLではフロセミドとアルブミンを混合投与すると尿量が増える
 タンパク尿
 GFR低下
 尿細管間質の障害
 アシドーシス

といったところです。

他には、、、

効果が切れた後にリバウンドの再吸収亢進が起こり
正味の体重減少効果が減弱することがあります。


副作用に気をつけつつ使いましょう。

■副作用
Na低下
Mg低下
K低下
 有機酸塩Kより塩化カリウム補充が有効
  有機酸塩Kがアルカリ性だから代謝性アルカローシスを助長するため
代謝性アルカローシス
 リスク
  腎不全患者
 検査
  Alb正常ならNa - Cl = 36が正常
  Na - Cl>36で代謝性アルカローシスを疑う
 原因
  Clの欠乏
 治療
  利尿薬の減量・中止の検討
   MR阻害薬の追加や変更
   アセタゾラミドの併用
  K補充
   KClが望ましい(有機酸Kは使わない)
  Cl補充
   KCl or 生食 or 肝不全用アミノ酸輸液
  Mg補充(低Mg血症合併時)
急性腎障害

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:06 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

ER・ICU 100のスタンダード

ER・ICU 100のスタンダードは
とっても読みやすい集中治療の本です。
そしてすぐに実戦で使えるように
よくまとまっている教科書だと思います。

IMG_7360.jpg

研修医くんは色々と詳しい分厚い専門書を
辞書的に読むよりも
一冊を読破して全体を掴むことが
最優先されると個人的には思っています。

ですから最初はある程度薄くて
しかもお値段も適切なものが
一番いいと思います。

もちろん後期研修医となると
そうは言ってられませんが。。。



ER・ICU 100のスタンダード

と言う訳で集中治療室に患者さんが
入ってしまった!という研修医くんに
おすすめの一冊です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:36 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

利尿薬

利尿薬は溢水や心不全や
肝硬変などで色々とお世話になると思います。

フロセミドがもちろん代表ですが、
それだけでは戦えなくなる時が
きっとくると思います。

まずは一覧です。

■種類
Na吸収阻害
 ループ利尿薬
  フロセミド
  ブメタニド
  トラセミド
  ピレタニド
  アゾセミド
 サイアザイド系
  トリクロルメチアジド
  ヒドロクロロチアジド
  ベンチルヒドロクロロチアジド
 サイアザイド類似系
  クロルタリドン
  メフルシド
  インダパミド
  トリパミド
  メチクラン
 K保持性利尿薬
  アルドステロン拮抗薬
   スピロノラクトン
   エプレレノン
   カンレノ酸カリウム
  上皮性ナトリウムチャネル(ENaC)阻害
   トリアムテレン
 炭酸脱水素酵素阻害薬
  アセタゾラミド

水吸収阻害
 バソプレシンV2 R拮抗薬
  トルバプタン
  モザバプタン

浸透圧性
 イソソルビド
 濃グリセリン
 D-マンニトール

こんなに沢山の種類があるんです。
2-3個は使いこなせるように
なっておきたいものですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:31 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージっていいですよ。
すぐに食べられるから!

栄養士をしている患者さんに
教えていただきました。

ステロイド筋症で記載した通り
筋肉を守るためには
タンパク質をしっかりと
摂取する必要があります。

しかし病気で治療中の方は
基本的にしんどいので
タンパク質を取るための料理をするのが
そもそもなかなか難しいです。

調理は切ったり炒めたり
色々頑張らないといけないからです。
倦怠感のある中でそんなことは
基本的にしません。

という訳で米、麺、パン、フルーツなど
ちょっとした調理で食べられるもの、
つまり炭水化物が中心の食べ物に
どうしても偏るのです。

そんな患者さんたちには
剥いたらすぐに食べられる
タンパク質として魚肉ソーセージは
すごく良さそうです。



選べる魚肉ソーセージ 80g×4本×お好きな5種=計20本 愛媛 西南開発 あじ・いわし・まぐろ・ゆず・青のり中からお好きな5種類【送料無料】【スーパーセール】【りかの良品】

確かにポークウィンナーよりも1本あたりの
脂質は控えめでタンパク質も多いです。
今後サルコペニアの可能性がある方には
魚肉ソーセージを勧めてみようと思います。

医者は患者さんに教えていただくのが
基本的な姿勢ですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:24 | Comment(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医者 休暇

医者にとって休暇は存在するのでしょうか?

とあるレジデントくんが呟きました。

「どうした?どうした?」

いや、日勤帯で普通に働いているじゃないですか。
で、ヘトヘトになって家に帰りますよね。

「先生は一生懸命働いてますよね」

帰り着いたら次は子育て&家事が始まるんです。
1歳の子供が飛びかかってくるんです。
で、寝てても子供の寝相が悪すぎて
かかと落としや頭突きで寝不足です。

「ははは・・・。本質的には幸せなんだけどね〜」

で、最近一番休めるのが
当直の日なんです。笑
もちろん患者さんを見ますが、
決められた時間は少なくとも熟眠ですから。

「なるほどなー。
 家庭のことまでは踏み込めないけれど
 とりあえず夏休みで海外にでも行って
 パーッとやってきてくださいな。
 仕事も早めに切り上げられる様に
 色々分担をしますから。」

ほんまっすね。海外に逃亡してきますわ。笑

レジデントの時期は仕事も
プライベートも大忙しですし
どちらも充実できる様に工夫が必要です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:海外 休暇 医者
posted by いしたん at 00:08 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち