お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年08月21日

肺高血圧症

肺高血圧症と診断したら、
その原因を検索です。

その第一歩はNice分類を使うことです。
これは血行動態で分類されるものです。
その先に原因の特定があります。

・1群(肺動脈性肺高血圧症PAH)
 定義・特徴
  平均肺動脈楔入圧≦15 mmHg
  血管内膜、中膜が増殖、肥厚、血管収縮、血栓形成
 原因
  特発性肺動脈性肺高血圧症IPAH
  遺伝性肺動脈性肺高血圧症HPAH
  薬物および毒物誘発性
  その他の疾患に関連するもの
   膠原病:強皮症、SLE→APS(4群か鑑別を!)、MCTD、PM/DM
   HIV
   門脈圧亢進症
   先天性心疾患CHD-PAH
    左右シャント
   住血吸虫

 1’群(肺静脈・毛細血管の異常)
  肺静脈閉塞症
  肺毛細血管血管腫症

 1”群(新生児遷延性肺高血圧症)

・2群(左心系疾患に伴う肺高血圧症)
 左房/左室疾患
 左心系弁膜症

・3群(肺疾患や低酸素血症に続発する肺高血圧症)
 原因
  SAS
  肺気腫
  間質性肺炎
  肺胞低換気症候群
  高地環境
  発育障害
 管理→J Am Coll Cardiol. 2013 Dec 24;62(25 Suppl):D109-16

・4群(慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPH)
  検査
   dual energy CT

・5群(その他)
 原因
  サルコイドーシス
  肺Langerhans細胞組織球症
  リンパ脈管筋腫症
  肺血管の圧迫
   リンパ節腫大
   腫瘍
   線維性縦隔炎

1'と1"は厳密にはNICE分類ではないですが(^^;)


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:22 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

骨粗鬆症 食事

骨粗鬆症の治療ではまさに生活習慣を全てを
変えていく必要がある疾患です。
薬だけではどうしても治すことができません。

食事もその一つ。

適切なエネルギー摂取と
適切な蛋白摂取量の確保は
栄養療法とても重要な2つの柱です。

カルシウムは800-1000 mg/dayの摂取が推奨です。
Caは乳製品を使うレシピがいいでしょう。

vit Dは20 μg/day程度が推奨です。
ビタミンDがなければCaをとっても
吸収がなかなかされませんから
とても重要な栄養です。

他にも、亜鉛とかvit K、vit Bなど
骨の健康を守るためには
たくさんの栄養素をしっかりとる必要があります。

『そんなこと言われたって
 先生、私何を食べたらいいのよ?』

そういった質問に答えるためにも、
医者自身の健康管理のためにも、
栄養学を学びたいものです。

当院では管理栄養士さんによる
栄養指導をしてもらっていますが、
難しければ市販の本を参考に
してみてもいいでしょう。




よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 12:52 | Comment(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

おばあちゃん

おばあちゃんに会ってきました。
自分の祖母です。
少し遅いお盆となりました。

もう孫の自分のことはなかなかはっきり
分かってはくれませんが、
それでも会いたい人だったので嬉しかったです。

印象に残ったのはこの発言。

おばあはね、病院にいくのが大好きやねん。
金田先生がホンマに素敵やねん。
優しいし、かっこええ。
内科の先生はテンプや。
会いにいくだけで病気が治る気がするわ。
ただ問題は嬉しすぎてワクワクして
血圧が上がってしまうことやねん。笑

そういう会いに行きたい医者に
僕もなっていきたいと思います。

ばあさん、元気でな!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

医学生

医学生が病院見学をしに来てくれました。

5年生の夏から動いているなんて真面目ですね。
実習が忙しい中、そしてお盆の前後に
よくぞ来てくれました!!

服装はもちろんスーツ。
挨拶は丁寧で質問もいろいろ用意していました。

将来の夢とか今情熱を燃やしていることとか
アツい気持ちを話してくれて、
とても元気をいただきました。

自分が医大生の頃は
遊び呆けていましたから、
最近の学生さん達は本当にすごいです!

皆さんがいい研修病院に巡り会えますように♫
そしていいお医者さんになってください。
当院を選択してくれたらおじさんは嬉しいです。笑


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 14:57 | Comment(0) | 医師 マッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン 2014年改訂版

ステロイド性骨粗鬆症は
ステロイドを使用する時に
必ず注意しておかなければならない副作用です。

骨折を起こす前に予防のために薬を使うのが鉄則です。



ガイドラインは一読しておきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 14:41 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち