お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2023年02月05日

骨軟骨腫

骨軟骨腫(外骨腫)は
手足の腫瘤をきたす疾患です。
レントゲンで骨幹端部に
ツノのように膨隆するのが特徴です。
このツノの表面が軟骨で覆われているのが
骨軟骨腫の名前の由来なのだそうです。

原発性骨腫瘍の中で最多で、
成人にも見られますが、
5-20歳で好発するとされます。
約45%が10歳台で腫瘤を自覚しています。

自然経過としては骨成長に伴い
外骨腫も増大する場合が多いそうです。

骨と軟骨からなる良性腫瘍ではあるのですが
稀に悪性化します。
外骨腫の表面の軟骨が2 cm以上に
厚くなった場合に悪性化を疑いましょう。

治療については手術ですが、
その適応は以下の通りです。

 痛みや機能障害などの症状あり
 整容的問題

参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月04日

ワーファリン ヘパリン置換

ワーファリンをヘパリン置換すべきかは
非常に重要な判断です。

VTE患者におけるワルファリン中止及びヘパリン置換の指針
Michigan Anticoagulation Quality Improvement Initiative(MAQI2). 2014 - 2021.
http://www.maqi2.org

 出血リスク:以下のうち1項目以上満たせば「あり」と判断
  3ヶ月以内の大出血または頭蓋内出血
  血小板異常
  INR延長
  過去のヘパリン置換時出血歴または同様の手技での出血歴

 血栓合併
  低リスク
   1年以上前のVTEの発症
  中間リスク
   3–12ヶ月以内のVTEの発症
   血栓性素因
    プロトロンビン異常症
    FV Leidenヘテロ変異
   再発性VTE
   活動性癌(6ヶ月以内)
  高リスク
   3カ月以内のVTEの発症
   重篤な血栓性素因
    プロテインCまたはS欠乏症
    アンチトロンビン欠損症
    抗リン脂質抗体症候群など

 >>>

 出血リスクなし
  手技の出血リスク軽度/低
   血栓合併リスクに関わらずワルファリン継続
  手技の出血リスク中間/高/不明
   血栓合併低/中リスク→ワルファリン中止、ヘパリン置換なし
   血栓合併高リスク→ワルファリン中止、ヘパリン置換
 出血リスクあり
  手技の出血リスク軽度/低/手技の出血リスク中間/高/不明
   血栓合併低/中リスク→ワルファリン中止、ヘパリン置換なし
   血栓合併高リスク→ワルファリン中止、ヘパリン置換

手術や手技ごとに検討してください。
参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月03日

医者 逮捕

医者の逮捕って時折ニュースになりますが、
基本的にどこか知らないところにいる
知らないドクターの話という感じでした。

しかしついに身近なところで
そんなニュースがありました!

とある先生と雑談していたところ、
なんとその先生の友人が
逮捕された医師の妻だったそうです!

直接の知り合いではないけれど
ついにこんな近くに来たか!!!と
とても驚きました。

そのニュースで当該医師は
facebookで顔を含めた
住所なども全て晒されて
非常に大変なのだそうです。

しかも犯罪がなんとも情けないことで、
職場も家族も大変なのだそうです。

キャリア 台無しという記事が
色褪せません。。。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:医者 警察
posted by いしたん at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 逮捕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月02日

横紋筋肉腫

横紋筋肉腫(rhabdomyosarcoma)は
軟部組織の悪性腫瘍の代表的疾患です。

病理所見に基づいて、胎児型、胞巣型、
多形型、紡錘細胞型に分類されます。
各病型についていしたんの知っている範囲で
ザクっとまとめてみました(古くてすみません!)。

胎児型(65%)
 -10歳未満
 粘膜下に発生するものはポリープ状に突出しブドウの房状
 →別名:ブドウ状横紋筋肉腫
 部位
  乳児の頭頸部(鼻咽腔)、泌尿生殖器(膀胱、膣)が好発
  胆道系(総胆管)、後腹膜、四肢にも発生する
 組織所見
  未熟な円形細胞、紡錘形細胞、横紋筋芽細胞が混在
 化学療法が有効

胞巣型(28%)
 10歳台
 四肢の筋肉に好発
 躯幹、頭頸部にも生じる
 稀に皮膚原発
 多くは全身転移をきたして死亡する
 病理
  腫瘍細胞の主体は円形細胞
  分化した横紋筋芽細胞が混在する
  腫瘍細胞が胞巣状に配列
  結合組織性の隔壁で境される
  胞巣の辺縁部では腫瘍細胞が1列に並ぶ
  胞巣の辺縁部では腫瘍細胞が干し柿を吊るしたように隔壁に付着
  デスミン、筋特異アクチン陽性
 原因
  t(2;13)(q35;q14)
   PAX3-FKHR
  t(1;13)(p36;q14)
   PAX7-FKHR

多型型(2%)
 40歳台、50歳以上
 高悪性度
 多形性を示す大型の異型細胞(横紋筋芽細胞)が増殖
 豊富な好酸性の細胞質を有する

紡錘細胞型(5%)
 小児の傍精巣領域や頭頸部に好発
 病理
  細長い均一な紡錘形細胞が束を形成
  分化した横紋筋芽細胞に乏しい
 比較的予後の良い

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月01日

脂肪腫

脂肪腫は成熟した大小不同の
成熟した脂肪組織からなる良性腫瘍です。

部位としては皮膚、消化管などが有名ですが、
深在性(筋肉内脂肪腫、筋間脂肪腫)のことも、
神経にできることも(神経脂肪腫症)あります。

びまん性にできるびまん性脂肪腫症や
頚部に対称性にできるものを対称性脂肪腫という
部位によって様々な分類がなされています。

それに加えて病理学的に亜型も沢山あります。

  血管脂肪腫
  血管筋脂肪腫
  筋脂肪腫
  線維脂肪腫
  骨髄脂肪腫
  褐色脂肪腫
  紡錘形細胞脂肪腫
  多形性脂肪腫
  軟骨脂肪腫
  骨脂肪腫
  軟骨様脂肪腫
  など

非常に多彩な病気ですが、
部位と組織とで細分化するんだと
ひとまず覚えておくと整理しやすいかと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち