お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年09月30日

急性骨髄球性白血病 高齢者

急性骨髄球性白血病も高齢化の
影響は拭えません。
高齢者の治療の選択には
その患者さんの身体機能が重要になります。

他にも白血病の予後因子、
本人・家族の希望、他疾患による余命、
介護などの社会的なサポートの状況なども
考慮に入れる必要があります。

重要なのは一般成人と同じように
強力な寛解導入をして良いものかを
判断することだと思います。

AML scoreというインターネットサイトを
ご存知でしょうか?
寛解導入率と早期死亡率を予測するものです。

 体温:38度以下・38度を超える
 Hb(g/dL):10.3以下・10.3度を超える
 PLT(k/μL):≦ 28、29-53、54-104、> 104
 Fib(mg/dL):≦ 150、> 150
 LDH(U/L):≦ 700、> 700
 年齢:60-64、65-67、68-72、> 72
 病型:de novo、二次性
 染色体:low、int、high

上記項目で予測されます。
治療選択の参考になるのではないかと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 12:33 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

透明なゆりかご

透明なゆりかごはとても良いドラマでした。

毎回とても考えさせられるもので、
特に最終回はとても泣けました。

家族でドラマを見ていたのですが、
『医者のくせにこんなドラマで泣くなよ』
と言われてしまう始末。笑

「こういうドラマで泣けてしまうから、
 医者をやってるんだよ。
 何も感じないなら他の職業をしてるさ」
と言い返していまいました。

一人一人の人生にはドラマがある。

日々感じていることではありますが、
改めて実感しました。



漫画買ってみようと思います♫

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:12 | Comment(0) | 医者 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

急性リンパ球性白血病

急性リンパ球性白血病(ALL)は
成人では珍しく標準治療が
AMLほどはガッチリとは決まっていません。

長期生存率があまりよくない
疾患であるのは今も昔もあまり
変わらない印象ではありますが、
ALLの世界も少しずつ進歩しているのです。

例えば!

Ph陽性ALLは絶対的な予後不良だったのですが、
イマチニブ、ダサチニブ、ポナチニブなど
BCR-ABL1を阻害する薬剤によって
治療成績が向上しています。
(J Clin Oncol. 2006 Jan 20;24(3):460-6.)
(Blood. 2011 Dec 15;118(25):6521-8.)
(Lancet Oncol. 2015 Nov;16(15):1547-1555.)

例えば!!

15-24歳のいわゆるAYAに対して
成人ALLプロトコルより
小児ALLプロトコルを行うと
成績が良かったという報告もあります。
(Blood Cancer J. 2014 Oct 17;4:e252.)

最近は何だか血液内科ブームなのです、個人的に。笑
血内凄いです♫

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 18:34 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち