お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年10月31日

高齢者 わがまま

高齢者のわがままが本当に大変です。
どんな対処がいいか困ってしまいます。

あるご家族が仰っていました。

お嫁さんが夜勤を終えて帰宅しても
何を寝ているんだ!とお爺ちゃんが
叱りつけてくるそうです。

他にも思い通りにならない場合に
お嫁さんに辛く当たるようでした。

お嫁さんがまるで自分専用の女中であると
言わんばかりの対応に困っているようです。

お嫁さんには兄弟がいますが、
故郷から離れていて我関せずなのだそうです。

そんなお嫁さんも体を悪くしてしまい、
今までの環境を変えざるを得なくなりました。
それでもお爺ちゃんは今のままでいることを
強く主張して聞く耳を持たない状況でした。

誰かに皺寄せが偏りすぎるような介護は
どうにかしないといけませんね。

しかし、僕には介護サービスの導入くらいしか
助言ができませんでした。
今後も考え続けていかなければと思います。

何かご助言があればコメントお願いします。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 17:33 | Comment(3) | 在宅医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

上腕骨近位部骨折

上腕骨近位部骨折と一言でいっても
様々な骨折のタイプがあります。

まずはどこに骨折線が入っているのか、
いくつのパーツに別れているのか、
転位の程度はどうかなどで
分類をすることが必要です。

まずはAO/ASIF分類です。
 A型(unifocal fracture)
  関節外に1ヵ所の骨折線あり
  骨頭への血流は障害されない
 B型(bifocal fracture)
  関節外に2ヵ所の骨折線あり
  骨頭への血流は部分的に障害される
 C型
  関節内骨折
  骨頭への血流は障害される
 脱臼の有無や転位の程度などによりさらに細分化
 >>>
 他部位の骨折のAO/ASIF分類と共通のコンセプトがあることがメリット
 外傷外科の領域でよく用いる



AO法骨折治療

上記教科書を参考にしてみてください。

Neer分類(four-segment classification)
 骨頭・大結節・小結節・骨幹部の4つのsegmentに注目
 displaced fracture
  segment相互に1cm以上の離開 or 45°以上の回旋変形あり
  2-part骨折
  3-part骨折
  4-part骨折(外反嵌入骨折)
 minimally displaced fracture
  骨折線があっても45度未満の転位
  1-part骨折
  >>>周囲の軟部組織が残存し骨血流も保たれる
 >>>
 骨折型と治療法選択との関係がわかりやすい
 現在は改訂Neer分類を用いることが多い

J Bone Joint Surg Am. 1970 Sep;52(6):1077-89.
J Shoulder Elbow Surg. 2002 Jul-Aug;11(4):389-400.:改訂されたもの

上記を参考にしてみて下さい。

この分類を元に手術するのか、
保存的加療をするのかを決めていきます。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 18:46 | Comment(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若木骨折

若木骨折とは小児の骨折の一つの形です。

骨は基本的にはとても硬いので、
骨折すると連続性がパキッと断たれます。
石が割れるとスパッとしているイメージですね。

しかし小児の場合は骨膜が厚いため
折れたとしても連続性が
保たれていることもあります。

例えばキュウリが折れたとき、
そんなに直線になっていないですよね。
レントゲンを撮っても骨折線がそんな感じで
分かりにくいこともあります。

また胡瓜を少し割っても同じ位置に戻せば
割れているのに気がつかないことがあります。
同様に位置が戻っていれば骨折していても
XRでは分かりにくいこともあります。

こういった連続性が保たれて見えるのは
本当に診断が難しいです。

重要なのは骨折の感度はXpよりも
触診の方が高いということだと思います。
しっかりと触って痛みがあれば
その部分を骨折線だけでなく
アライメントなどもしっかりと評価してみましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 09:10 | Comment(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち