お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年10月23日

リステリア

リステリア(Lsteria)症は
リステリア菌によって起こる疾患です。

リステリアには自分の知りうるところ
16菌種もあるそうです。
しかも近年どんどん増えています。

 L. innocua
 L. welshimeri
 L. seeligeri
 L. ivanovii
 L. grayi
 L. marthii:2010年に追加
 L. rocourtiae:2010年に追加
 L. floridensis:2014年3月に追加
 L. aquatica:2014年3月に追加
 L. cornellensis:2014年3月に追加
 L. riparia:2014年3月に追加
 L. grandensis:2014年3月に追加
 L. booriae:2014年10月に追加
 L. newyorkensis:2014年10月に追加

といった感じです。

しかしヒトに感染性を示すのは
リステリア・モノサイトゲネス(Lsteria monocytogenes)
ただ一つだと言われています。

ですからL. monocytogenesを覚えておけば
研修医くんとしては全く問題なしです!

特徴はグラム染色では陽性となる桿菌GPRです。
通性嫌気性菌で、感染すると細胞内寄生菌となります。
莢膜や芽胞形成能はなく、70度1分で容易に死滅します。

しかし0-45度で発育が可能で、
増殖pH域も4.5-9とされ、
12%食塩濃度という高浸透圧でも増殖できる
とっても生命力の高い細菌です。

食物を介した経口感染がメインの感染経路ですが、
腹痛、下痢といった食中毒っぽい症状は目立たず、
発熱・悪寒、筋肉痛といったインフルエンザ様症状が
メインになって出てきます。

その後腸管から血液に入り込んで菌血症を
引き起こすとされています。

妊婦さんがかかって胎児や新生児に
感染すると非常に致死率が高い
とても怖い疾患です。
予防がとても大事です。

抗菌薬はアンピシリンとゲンタマイシン併用が
第一選択とされていると思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:04 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

低マグネシウム血症

低マグネシウム血症(低Mg血症)は
忘れてはいけない電解質異常です。

代表的な症状は傾眠、錯乱、
振戦、筋線維束収縮、運動失調、テタニーなどです。

血液検査では低K血症や
低Ca血症が見られます。
逆にいうと低カリウム血症や
低カルシウム血症の原因精査の中に
血清マグネシウムの測定を入れてあげてください。

低カリは尿中K排泄が増加するためとされています。
機序については以下に詳しいです。
J Am Soc Nephrol. 2007 Oct;18(10):2649-52.

低Ca血症はPTHが低下するためとされています。
これはMgがintact PTH合成に重要であるためです。

治療は硫酸マグネシウムや
酸化マグネシウムなどを用います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:49 | Comment(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

患者 態度

患者さんの態度が悪いことって
たまにあります。
家族の方がそういうケースもあります。

特に医師にはニコニコしているのに
看護師や医療事務に対してはとても高圧的で
やりすぎでしょというくらいの
不当な要求をやりまくる方はいらっしゃいます。

そんな患者さんと家族を担当することになった
研修医くんがとても困っていました。

例えば、配薬が5分も遅い!と文句を言う。

例えば、自分は動きたくないからお茶を注げ!と言う。

例えば、本人と医師のいるカンファレンスでは
退院させましょうとおっしゃる息子さんが、
話し合いの直後に転院ですよねー?と
ほんの数分前の発言をひっくり返す。

そして対応を依頼されて研修医くんが
そう言う方に会いにいくと、
「特に何も問題ないよ」とニコニコ。

『何なんですかね、あれは。
 正直他の医療スタッフから
 とても困ると言われている患者は
 自分たちもちょっと引きますよね。』

他のメディカルスタッフと医者は
情報交換をしっかりとやっています。

何故ドクターの前だけ態度を気をつければ
何とかなると思えるのかは
長年医者をやっていても
僕も解決できていない謎の一つです。汗

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:患者 態度 悪い
posted by いしたん at 07:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち