お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年11月24日

女医 宝塚

女医さんと話していると宝塚が
好きという方が多い印象です。



カッコいいですよね。

関西で働いているからでしょうか。
それとも自分も好きですから
そんな話になるだけでしょうか。笑

色々なきっかけがあるようです。
学生時代に関西にきたら同級生に誘われたとか。
研修医時代に婦人科のオーベンに指導いただいたとか。笑
中には友達の結婚式でタカラジェンヌが
親戚として来ていたという方も!

熱烈さも色々です。

ファンクラブに入って新しい演目毎に
宝塚へお出かけしていく人もいます。
宝塚歌劇団のスカパー?で夜更かししてしまう人も。

若い方からベテランの方まで
結構好きな人がいます。

女医さんとの話題がないときは
宝塚歌劇団の話題を一度振ってみると
話しやすくなるかもしれません。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 12:53 | Comment(0) | 医者 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

パーキンソン病 レボドパ

パーキンソン病の治療といえばレボドパですね。

しかし国試でも出るレベルだと思いますが、
しっかりと特徴を押さえていきましょう。
特徴を知れば他の薬剤が
色々と開発されてきた理由や目的がわかるでしょう。

レボドパは半減期が短いのです。
これが様々な問題の根源になる特徴です。

Parkinson病の進行とともに、
レボドパは治療有効血中濃度の閾値が上昇し
ジスキネジアなどの副作用を惹起する
血中濃度の閾値が低下します。

つまり次第に効かなくなり、
副作用が出てくるということです。

ですからwearing off現象という
薬の効く時間が短くなる状態が起こります。

これはドパミン神経の脱落、
ドパミン受容体の感受性亢進、
間歇的ドパミン刺激によるとされています。

上記を解決するために
カテコール-O-メチルトランスフェラーゼCOMT阻害薬とか
モノアミン酸化酵素B(MAOB)阻害薬とか
ドパミンアゴニストなどが開発されてきました。

それでもまだ満足のいくアウトカムは
実現できないことが多いです。

先日京大でiPS細胞を用いた移植の
ニュースが話題になりましたね。
良い結果が出るといいですね。

ただ未来の治療も進めながらも、
今ある治療もしっかりと学ぶ!
研修とはそんなもんだと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:32 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

ワーファリン 過延長 対応

ワーファリンでPT-INRが
過延長したときの対応は
知っておきたいものです。

心房細動でワーファリンを内服していた
患者さんが口の中に血が出て
止まらないと内科にやってきました。

他院で関節痛に対して鎮痛薬として
NSAIDsをモリモリに盛られたようです。
相互作用からかINRが10超えてる!!
そんな事もありますからね。

まず対応としては出血の評価です。

頭蓋内出血、眼内出血、後腹膜出血、
関節内出血、消化管出血、心嚢内出血
筋肉内出血など重篤な出血の有無を確認します。

あれば入院でワーファリン中止の上、
ビタミンK1とFFPを投与します。

出血がなければINR < 5ならワーファリン中止のみ。
INR 5〜9ならワルファリン中止の上vitK 1-2.5 mg投与。
INR 10〜ならワルファリン中止の上vitK 2.5-5 mg投与。

American College of Chest Physicians
Evidence-Based Clinical Practice Guidelines (8th Edition)を
参考にしてみて下さい。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 20:07 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち