お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年01月31日

ホジキンリンパ腫

ホジキンリンパ腫とは1834年に
Hodgkinによって初めて記載された
悪性リンパ腫の代表的な形態です。

ABVD療法、放射線治療で
外科的な治療をしなくても
治癒可能となった最初の疾患です。

古典的ホジキンリンパ腫の治療法は以下の通りです。

限局期(I〜II期)
 ABVD療法2-4コース後放射線療法(30 Gy):標準治療

進行期(III-IV期)
 ABVD療法6-8コース:標準治療

再発・難治例
 救援化学療法
  感受性があれば自家造血幹細胞移植併用大量化学療法を考慮

現在までにブレンツキシマブベドチンの
有効性が報告されていたり、
(J Clin Oncol. 2012 Jun 20;30(18):2183-9. )
抗PD-1抗体(オプジーボ)の有用性も
報告されてきています。

今後の治療は上記の抗体製剤も
ガイドライン等で推奨されるように
なるのかもしれません。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:12 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

リン吸着薬

リン吸着剤は高リン血症の治療薬です。

まずはリン吸着薬の種類を覚えましょう。
一覧です。

沈降炭酸Cα(カルタン)

Ca非含有リン吸着薬
 炭酸ランタン(ホスレノール)
 ビキサロマー(キックリン)
 クエン酸第二鉄(リオナ)
 塩酸セベラマー(フォスブロック・レナジェル)
  ※炭酸セベラマーは日本では上市されていない
 スクロオキシ水酸化鉄(ピートル)

透析やCKD患者さんでは
高リン血症は特に重要です。
まずは薬を知ることから始めましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:44 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

検索ボックス

検索ボックスをつけました。

医師の気持ちというこのブログは
最近1500記事を越えました!
自分でもびっくりです。

そして最近よく言われる様になったのが、
『あの記事がどこにあったかを
 知りたいんだけどー』
というリクエストでした。

言われることが多いのは
症例発表 スライドが多いですかね。

ということで右のカラムの中に
検索ボックスを入れましたので、
皆様のお役に立てばと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち