お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年01月19日

二次性高血圧 原因

二次性高血圧の原因となる疾患の一覧です。

腎性高血圧
 腎実質性高血圧
  糸球体腎炎
  慢性腎盂腎炎
  糖尿病性腎症
  間質性腎炎
  嚢胞腎
  結合組織疾患
  水腎症
  傍糸球体細胞腫
  Wilms腫瘍
  孤立性腎嚢腫
  腎周囲炎
  腎血腫
  妊娠腎

 腎血管性高血圧症
  アテローム性動脈硬化・粥状硬化
  血栓症
  塞栓性閉塞
  大動脈炎症候群
  形成不全
  動脈瘤

内分泌性高血圧
 副腎
  原発性アルドステロン症
  クッシング症候群
   サブクリニカルクッシング症候群も
  褐色細胞腫
  鉱質コルチコイド過剰症候群
  リドル症候群
  先天性副腎皮質過形成の11β-水酸化酵素欠損症、17α-水酸化酵素欠損症
  18-OH DOC 産生腫瘍

 下垂体
  クッシング病
  先端巨大症

 甲状腺
  甲状腺機能亢進症
  甲状腺機能低下症

 副甲状腺
  原発性副甲状腺機能亢進症

睡眠時無呼吸症候群

血管性
 大動脈炎症候群
 大動脈縮窄症
 動脈管開存症
 結節性多発動脈炎
 強皮症

神経性
 脳血管障害
  クモ膜下出血(cf)
 脳腫瘍:脳幹部血管圧迫
 脳脊髄炎
 脳外傷
 血腫
 脊髄離断
 家族性自律神経失調症
 頸動脈洞神経切除
 多発性神経炎
 脊髄癆
 ポルフィリン症
 鉛中毒

薬剤性高血圧
 NSAIDs
 グリチルリチン含有薬(肝疾患治療薬,消化器疾患治療薬,漢方薬,健康補助食品,化粧品など)
 グルココルチコイド
 シクロスポリン、タクロリムス
 エリスロポエチン
 エストロゲン
 交感神経刺激作用
  フェニルプロパノールアミン
  三環系抗うつ薬
  四環系抗うつ薬
  モノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害薬)
 経口避妊薬
 アンフェタミン
 コカイン

妊娠誘発性高血圧
 子癇
 前子癇
 妊娠中毒症
 妊娠中慢性高血圧

3種類以上の降圧薬が必要になるような
治療抵抗性の高血圧症や、
低カリウム血症を伴うHTの場合に
二次性高血圧を疑いたいものです。

お役に立てば幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 17:24 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

ブルーライトカット メガネ

ブルーライトカットのメガネを購入して、
電子カルテの仕事が楽になって
とても気に入っていました。

やっぱ効果があるんだろうなー。

そして色々あって壊れました。泣

電子カルテ 目が疲れるを書いた時から
一年ちょっとの寿命でした。

かけずに仕事をするとやっぱり
目が疲れてしまったので
新しいものを探すことにしました。

先輩に聞いてみたところ・・・



ザ”サプリメガネ PCメガネ ブルーライト94%カット 紫外線ほぼ100%カット (ブラウンブラック) TR90-9133

これを薦めてくれました。

そしてそのままシェアします。
研修医くんも目はくれぐれも
大事にしてくださいねー。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 17:25 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

抗糸球体基底膜病

抗糸球体基底膜病は抗GBM抗体が出現し
糸球体腎炎や肺胞出血をきたす疾患です。
グッドパスチャー症候群とは
上記の二つの病態が揃っているものです。

抗GBM抗体型糸球体腎炎は
臨床的には急速進行性糸球体腎炎症候群をとり、
RPGNの6%が抗糸球体基底膜病である
と言われています。

肺胞出血は突然の呼吸苦という
症状でやってきます。

救急車で倦怠感と息苦しさで運ばれてきたら、
とても酸素化や意識レベルが悪い。
全身が浮腫んでいる。

CTを撮ってみると両側胸水・腹水が著明で
肺胞には浸潤影がある。
血液検査・尿検査が出たら
Creがナンジャコリャというくらい高い。
尿沈渣にも血尿やら円柱やらが出ている。

ステロイドパルスをやって検査を待っていると
抗GBM抗体が陽性であることが判明!
IVCYと血漿交換をせっせと行います。

それでも生命予後は不良で、
死亡することも多い疾患です。

先日上記疾患の患者さんが運ばれてきました。

呼吸器のこと、腎臓のこと、免疫のこと、
一人の患者さんですが
色々と急いで勉強しないといけないので
大変な病気ですよね。

研修医くんが頑張ってくれています。
一緒に頑張って助けよう!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 17:59 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち