お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年02月16日

当直明け 体調不良

当直明けの体調不良っぷりが
最近はちょっと酷いです。。。

数日経ってもダメージが残るため
とにかく眠たいのです。
これが老化なのか!?笑

研修医の頃やレジデントの時は
当直明けにデートに行くなど
結構元気にやっていたのになー。笑

当直明けでもツヤツヤしている
研修医くんをみて
そんなことをしみじみ思うのでした。

さ、今日は病棟も見終わったし
帰って寝るとしよう。
週明けまで疲れを持ち越せませんから。笑

ちなみに研修医くんはこれから
彼女とドライブに行くそうです。
県外まで行くというのだから
そのバイタリティーが凄いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 11:47 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

研修医 働き方改革

研修医にも働き方改革の波が
押し寄せてきています。
研修医くんだって医師ですから。

「研修医=安い労働力」

という事で有名研修病院の中には
教育の場を与えてあげるから
一生懸命働くべし!という経営で
黒字を保っていた病院もあったそうです。

具体的には研修医くんは残業手当を
全くつけられないといった環境でした。
まあ一昔前の大学病院でのほぼ無給の
研修よりは絶対マシになっていたのですが。。。

しかしそれが一転。

最近は働き方改革によって
研修医くんたちが残業代を
きちんともらえるようになりました。
そのためなのか一転して赤字経営に
なってしまった病院もあるそうです。

給料という点ではそういう時代に
研修したかったなーと羨ましく思います。

でも残業させないために
カンファンレンスは出席せずに帰らせるとか
夜になったら手術途中でも帰らせるなど
自己研鑽の場が削られていくのは心配です。

決して無理はしすぎてはいけません。
でも実力をつけるための時間は
意識して作っていきたいものです。

教育する側ももっと工夫して
研修プログラムを時間にとらわれないやり方に
シフトしていく必要がありますね。

時代にフィットさせていかねば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:56 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

溶血性貧血

溶血性貧血は貧血の原因を鑑別していく上で
重要な症候群の一つです。

まずは溶血性貧血を診断できるようにならなければ
その先の疾患に近づけません。

ということでまずは診断基準を確認です。

厚労省特発性造血障害に関する調査研究班の基準(自己免疫性溶血性貧血 診療の参照ガイドH28より)
 臨床所見
  貧血、黄疸がある
  脾腫はしばしば
  ヘモグロビン尿や胆石を伴うことがある
 検査所見
  Hb低下
  Reti上昇
  間接Bil上昇
  尿中・便中ウロビリン体増加
  血清ハプログロビン値低下
  骨髄赤芽球増加
 他疾患の除外(貧血と黄疸を伴うもの)
  巨赤芽球性貧血
  MDS
  赤白血病
  congenital dyserythropoietic anemia
  肝胆道系疾患
  体質性黄疸など
 >>>
 上記を満たせば溶血性貧血と判断される

上記で診断したらその後それぞれの病型を確定します。
例えば遺伝性球状赤血球症、赤血球破砕症候群、
自己免疫性溶血性貧血などを検討していくのです。

まずは溶血性貧血を自信を持って
見つけられるようになりたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:23 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち