お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年05月30日

POEMS症候群

POEMS症候群とは別名が
Crow-Fukase(深瀬)症候群と言います。

代表的な症状の頭文字をとって命名されています。

神経障害 polyneuropathy
 多発性神経炎(末梢神経障害・脱髄性)
  下肢優位・左右対称性の重度の運動感覚障害
  →自発痛を伴うことが多い
  →進行すると四肢麻痺

臓器腫大 organomegaly

内分泌異常 endocrinopathy
 女性化乳房

M蛋白血症 M-protein

皮膚障害 skin changes

です。(・▽・)b

診断基準としては
Cochrane Database Syst Rev. 2012 Jun 13;(6):CD006828.
を参考にしてみて下さい。

大基準
 多発ニューロパチー(必須)
 M蛋白
 血清VEGF高値

小基準
 骨硬化性病変
 キャッスルマン病
 臓器腫大
 浮腫・胸水・腹水・心嚢水
 内分泌異常
  ※糖尿病と甲状腺機能異常は有病率が高いため単独では1項目として採用しない
 皮膚異常
 乳頭浮腫
 血小板増多

>>>

Definite:大基準3項目と小基準1項目以上
Probable:大基準2項目と小基準1項目以上
Possible:ニューロパチーと小基準2項目以上

となっています。(・▽・)b

神経内科スタートとか内分泌科スタートとか
この疾患の入り口は色々です。
しっかりと知っておきたい疾患の一つですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:13 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

医者 仕事内容

医者の仕事内容はそれぞれの科で
色々と異なると思いますが、
内科をしばらくやっていて思うのは、
情報整理が最も重要だと思います。

長い時間を患者さんと寄り添っていきます。

いつ何があってどのように診断されたのか。
それは何が原因で、どのような重症度だったのか。
そしてどう治療されてどう良くなったのか。
予防はその後講じられているのか。

そんなことを一つずつ丁寧に
記載していくことが
大切な仕事だと思います。

外来カルテで記載したような
サマリーを記載していくことで
それは患者さんの命を繋ぐための
とても大切な情報となります。

これがあれば引き継ぎや紹介が
いかにスムーズかということを
日々感じています。

ちなみにこれは専門医試験や認定医試験での
レポートの時にも同じような技術が求められますので、
研修医の頃から各プロブレムについて
発症日時、診断、原因、重症度、治療、
治療効果判定、予防を全てまとめておくことを
練習しておくとその後楽チンだと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:31 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

TNF阻害薬

TNF阻害薬(TNFi)は
生物学的製剤の歴史を切り開いた薬剤です。

今となってはバイオはよくある薬剤の一つですから
TNF阻害薬については
ある程度知っておきたいものです。

関節リウマチ以外にもIBDなど
適応疾患は広がってきていますしね。

まずは一覧から。

インフリキシマブ(レミケード)IFX
 抗TNFヒトマウスキメラ抗体IgG1

インフリキシマブバイオシミラーBS
 レミケードの後発品

エタネルセプトETN(エンブレル)
 TNF受容体(TNFR2の細胞外ドメイン〜p75)2分子 +ヒトIgG1のFc

エタネルセプトバイオシミラー、エタネルセプトBS
 エンブレルの後発品

アダリムマブADA(ヒュミラ)
 抗TNFαヒト抗体IgG1

ゴリムマブGLM(シンポニー)
 ヒト型の抗体、IgG1

セルトリズマブ ペゴルCZP(シムジア)
 ヒト化TNF阻害mAbのFabをPEGで結合(Fc部分がない)

一般名と商品名を覚えることから
始めてみましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 05:16 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち