お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年07月31日

パーキンソン病診療ガイドライン2018

パーキンソン病診療ガイドライン2018は
一読の価値ありと思います。

なぜなら日本では
100-180人/10万人という頻度で
65歳以上に限ると1%という
とても罹患者の多い
よく出会う疾患だからです。



パーキンソン病診療ガイドライン2018

早期PDの治療アルゴリズムは
とってもスッキリしています。
L-ドパがいいのかドパミンアゴニストがいいのか
色々迷っていた昔の自分に教えてあげたいです。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:26 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

悪徳雑誌

悪徳雑誌って知ってますか?
先日同僚と喋っていて初めて聞きました。

日本医学雑誌編集者会議でも
注意喚起されていました。

悪徳雑誌はハゲタカ雑誌とか捕食雑誌、
粗悪雑誌などとも訳されるもので、
間違っても投稿してはいけないものだそうです。

有名誌に似た雑誌名をつけていたり、
論文掲載加工料や編集・出版方針が
明らかでないなどの特徴があるそうです。

実際は殆ど査読されず
しかも高額な掲載料を請求されます。
また学術文献データベースに収録されないので
業績評価の対象には全くなりません。

しかも発表されてしまったら
取り下げることができずに
他の雑誌に投稿することもできないそうです。
つまり努力が水の泡になります。

最悪だ・・・。

もしかしたら数年、もっと長いものだと10年くらいの
とっても長い長い努力が金づるにされるなんて・・・。

研修医くんたちも症例報告などを
論文にすることがあると思います。
間違ってもハゲタカジャーナルには
投稿しないようにしたいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:30 | Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

聴診器

聴診器くらい持ってこいよ!
聴診器くらい買えよ!

ある指導医がぼやいていました。。。汗

どうやらローテートしている
研修医くんが聴診器を持たずに
毎日仕事に来るそうです。

内科志望の先生のようですが、
聴診器は必要なのか?
という感じで何度言っても
全く伝わらないそうです。

救急では最初のA・B・Cの確認で
必ず聴診器を使うと思うのですが、
初期研修医くんはその辺にかけてある
安物の聴診器を使うそうです。

それでもきちんと聞いていれば
全く問題ないのですが、、、

聴診器が悪いからか
聴診の技術が非常に拙いそうです。

明らかにcoarse cracklesが聞こえる症例でも
wheezeが聞こえる症例でも、
『呼吸音は全く問題がないです』
という報告をしてくるようでした。
つまり肺炎や心不全患者さんを
見逃しているとのことでした。

身体所見を取れないで
検査をオーダーしまくるのは
医師として如何なものでしょう。

きちんと聴くためには
きちんと聞こえる
良い聴診器を使うことをおすすめします。

循環器の先輩は

ケンツメディコ社製 マルチスコープ(ラパポート聴診器) No.141

がよく聞こえるとオススメでした。

自分はリットマンを使っています。



リットマン 聴診器 カーディオロジーIV 6152(ブラック)

カーディオロジーが好きです。

ま、とにかくちゃんとした
聴診器は絶対必要だと自分も思います。

研修医くんは口うるさく言われるまでが花です。
それでも変化がなければ
もう何も言われなくなっちゃいます。。。
そうなる前に変わっていければ良いですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:17 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち