お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年07月28日

肺炎 勉強会 資料

肺炎の勉強会で作成した資料です。

院内だけに見てもらうのが
何だか勿体無い気がして
スライドをアップします。

190728_肺炎勉強会.pptx

お役に立てば幸いです!

成人肺炎診療ガイドライン2017も読んでくださいねー♫

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:33 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

細胞医薬品

細胞医薬品は低分子化合物、
生物学的製剤に次いで、
第三の医薬品として
近年非常に熱心に開発が進んでいます。

生薬を使っていた時代があり、
その後化学物質が主流となりました。
それからIgGなどタンパク質が薬になり
今度は細胞そのものが
医薬品として使われるなんて
時代の進歩って止まることを知らないですね。

今の所日本で承認されているものは、、、

軟骨由来組織
 商品
  ジャック

骨髄由来間葉系幹細胞
 商品
  テムセルHS注
   アメリカのProchymalと同様の商品
  ステミラック注
 適応
  急性GVHD治療

骨格筋由来細胞シート
 商品
  ハートシート

表皮由来細胞シート
 商品
  ジェイス

CAR-T細胞
 商品
  キムリア(CD19-CAR-T細胞)

などなどです。

今後もっと増えてくるのでしょう。

ゲノム編集技術もそうですが、
生命を自在にコントロールする基礎医学の技術が
沢山医療界に流れ込んできています。

この動きはしばらくは止まることはないのでしょう。

基礎医学の知識も含めて
我々はブラッシュアップが必要です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 13:25 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

糖尿病性腎症 病期分類

糖尿病性腎症の病期分類が
2014年に変更されています。

これまでは1991年厚生省糖尿病研究班で作成され、
2001年糖尿病性腎症合同委員会で改訂された
病期分類が用いられていました。

 第1期(無症状)
  U-Alb/Cr -30
 第2期(微量Alb尿)
  U-Alb/Cr 30-299
 第3期A(持続性蛋白尿)
  U-Alb/Cr 300-
 第3期B(GFR低下、血圧上昇)
 第4期(腎不全)
 第5期(透析)

しかしこの病期分類はCKDステージ分類と
乖離することがあるのが問題となっていました。

そこで!!

糖尿病性腎症病期分類2014です。

 第1期(腎症前期)
  U-Alb/Cr -30 mg/gCr、eGFR 30以上
 第2期(早期腎症期)
  U-Alb/Cr 30-299 mg/gCr、eGFR 30以上
 第3期(顕性腎症期)
  U-Alb/Cr 300- mg/gCr or 蛋白尿 0.5 g/gCr以上、eGFR 30以上
 第4期(腎不全期)
  eGFR 20未満
 第5期(透析療法期)
  透析中

となっています。
色々な情報の間で矛盾なく
分かりやすいというのは
とっても大事なことですよね!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:10 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち