お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年09月17日

糖尿病性末梢神経障害

糖尿病性末梢神経障害は
糖尿病発症後の比較的早期から
発症すると言われています。

足壊疽や無痛性心筋梗塞などでの突然死など
不幸な転帰に繋がり得るものですから
見逃さないようにしたいものです。

ということで診断基準を
まずは確認しましょう。
国際的コンセンサスが得られたものは
確立していないようです。

  糖尿病性神経障害の簡易診断基準(糖尿病性神経障害を考える会)
   その他の末梢神経障害を否定
   >>>
   自覚症状
    両側性
    足趾〜足底のしびれ・頭痛・異常感覚
   アキレス腱反射(S1)の消失(膝立位)
   両側内踝振動覚低下(アルミ製C128音叉で10秒以下)
   >>>
   2つ以上そろえば診断
   参考事項
    神経伝導速度検査で2つ以上の神経でそれぞれ1項目以上の異常(伝導速度・振幅・潜時)が明らかなら臨床症候上で明らかな自律神経障害があれば神経障害ありとして良い

   ※問題点
    アキレス腱反射と振動覚検査は大径神経機能の評価
    →早期発見には向かない

ということで糖尿病性ポリニューロパチーの
検査と診断には音叉は必須です。笑



音叉 アルミC調(脳外科用) 128HZ


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:37 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

後期研修医 シーリング

後期研修医でどこに行くの?という話題で
そろそろどんな初期研修医くんでも
しっかりと答えてくれるようになりました。

制度が変わっていく中で
医局人事で動く先生方でさえ
その先がなかなか決まらないのは
大変な時代になってきたなーと思います。

シーリングによって
病院側も希望するドクターを
受け入れることが困難に
なってきています。

医師の偏在を解消するための
制度なのですが
そのために医師は引越しの
連続でなかなか落ち着けない研修が
待っているのは辛いですね。

一つの病院で数年間落ち着いて
研修することが難しくなっているから、
一人のドクターの考え方を
つらつらと記載する
こういったブログなどは
役に立つこともあるんだろうか
なんて考えています。

若い先生にだけしわ寄せが
行かないようにしたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 14:52 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

新専門医制度 内科 ローテーション

新専門医制度で内科を目指す
後期研修医ちゃんが
ローテーションしてくださってます。

流石に初期研修医とは違います。

色々と最初から力になってくれます。

逆にいうと全ての科で
即戦力になるだけの
勉強法とか知識とか教科書とか
初期研修医のうちに色々と
蓄積しておかなければならないことが
増えてきているなーと感じました。

時代とともに医師への道が
大変になってきてますね。
それでも内科を志してくれる
ドクターが乗り越えられるように
サポートしていきたいと思う今日この頃です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:43 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち