お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年02月16日

低カリウム血症

低カリウム血症を見つけたら
原因検索をしっかりやりましょう。
心電図変化が出ていたら
マジでビビってください!

■原因
●偽性低カリウム血症
採血後に採血管内でKが移動する現象
WBC>20万
 白血病

●K摂取低下:稀
飢餓

●K吸収阻害
ケイキサレート

●細胞内シフト
薬物
 インスリン
 アルドステロン
 ブドウ糖負荷
  リフィーディング症候群
 カテコラミン
 バリウム
 テオフィリン
アルカローシス
交感神経亢進(β2作用)
 ストレス
 虚血性疾患の急性期
周期性四肢麻痺
血液中の細胞数の増加
 悪性貧血治療後
 白血病
低Mg血症

●腎外排泄亢進(尿K<20 mEq/日)
代謝性アシドーシス
 下痢
代謝性アルカローシス
 嘔吐
ドレナージ

●腎排泄亢進(尿K>20 mEq/日)
遠位尿細管到達量の増加
 アシドーシスあり
  尿細管性アシドーシス(I型・II型)
  ケトアシドーシス
  ペニシリン
 アルカローシスあり(TTKG<2、高血圧なし)
  浸透圧利尿
  利尿薬
  サイアザイド
  ループ
    尿中K排泄>15 mEq/gC
    代謝性アルカローシスあり
    高血圧(-)
    尿Ca/Cr mol比≧0.2
  バーター症候群(cf)
  ギッテルマン症候群(cf)
  低マグネシウム血症
 間質性腎炎
ミネラルコルチコイド作用の過剰(TTKG>4、高血圧あり)
 レニン産生過剰(レニン上昇・アルドステロン上昇)
  腎血管性高血圧
  レニン産生腫瘍
 アルドステロン産生過剰(レニン低下・アルドステロン上昇)
  原発性アルドステロン症(腺腫か過形成)
 グルココルチコイドのミネラルコルチコイド作用(レニン正常・アルドステロン正常〜低下)
  クッシング症候群
 DOC産生過剰(レニン低下・アルドステロン低下)
  DOC産生腫瘍
  先天性副腎皮質過形成
   17α-水酸化酵素欠損
   11β-水酸化酵素欠損
 11β-HSD2酵素活性阻害
  AME症候群
  偽性アルドステロン症
   グリチルリチン
    甘草
 ENaCの活性亢進型変異
  リドル症候群

参考にどうぞ!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:27 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

医師 看護師 バレンタイン

医師と看護師の間のバレンタインは
年齢により様々な意味合いがあるなーと
今年は思いました。

研修医の時代なんかは
恋愛の要素が強かった気がします。
ロッカーの前で同期のナースさんが
待ち伏せしていたりとか
そんな時代もありました。笑

今の時代はそんなことはもうないのかな?
本命チョコでも(この言葉が古い?笑)
SNSとかLINEとか使うのでしょうか。

おじさんドクターになってみると
新人ナースさんからチョコレートをいただくときに
ちょっとした会話でコミュニケーションがとれます。

「いつもありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします。」

普段は偉い先生は話しづらいようですが、
お互いに感謝を伝えられる
きっかけにもなりますね。

義理チョコって普段はあえて言わない
感謝を表現するための
ツールなのかなーなんて思いました。

感謝が色々なところにみられる
病院は働きやすいですから
そういう組織づくりをしたいものです。

さ、ホワイトデーを考えなくては!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

CD腸炎 リスク

CD腸炎(クロストリディオイデスディフィシル腸炎)の
リスクについては知っておきたいところです。
診断後にそのリスクを除外することで
再発予防にも繋がるからです。

●発症リスク(Chest. 2011 Dec;140(6):1643-1653.)
・腸内細菌叢・粘膜または免疫システム
 抗菌薬投与
  近年抗菌薬と無関係の発症も稀ではない(QJM. 2009 Nov;102(11):781-4.)
 フルオロキノロン系抗菌薬耐性BI/NAP1/027株
 PPI
 H2受容体拮抗薬
 化学療法(造血幹細胞および固形臓器移植)
 グルココルチコイド
 放射線療法
 腸内容鬱滞(薬物投与)
  フェンタニル
 腹部手術
  日本での状況(J Hosp Infect. 2012 Nov;82(3):175-80.)
   術後にCDIを発症すると医療費も死亡率も上がる
 経鼻栄養チューブおよび浣腸

・環境汚染
 病院または長期介護施設での滞在期間
 食品汚染
 ペットおよび家畜

・宿主要因
 65歳以上
 複数の合併症
 周産期の母子
 炎症性腸疾患
 ヒト免疫不全ウイルスHIV
 血液透析が必要なCKD
 入院歴と長期入院
 介護ホームや長期ケア施設入所
 糖尿病

抗菌薬だけではないんです。
近年市中発症型が増えていますが、
それは抗生物質以外の要因があることも
その一因なのでしょう。

クロストリディオイデスディフィシル ガイドラインも参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:04 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち