お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年05月31日

インスリン スライディングスケール

インスリンのスライディングスケールは
血糖値を細かくコントロールできないような
状況で使用することが多いと思います。

例えば食事量が不安定だったり
血糖値をあげる薬(ステロイドなど)を
一時的に使うだったりが適応です。

具体的には速効型もしくは
超速効型のインスリン製剤です。
量については自分は以下でやっています。

 BS 160-149 mg/dL:0単位(低量)、2単位(高量)
 BS 150-199 mg/dL:2単位(低量)、4単位(高量)
 BS 200-249 mg/dL:4単位(低量)、6単位(高量)
 BS 250-299 mg/dL:6単位(低量)、6単位(高量)
 BS 300-349 mg/dL:6単位(低量)、8単位(高量)
 BS 350-399 mg/dL:8単位(低量)、10単位(高量)
 BS 400- mg/dL:Drコール

低血糖時指示も出し忘れないようにしてください!
参考にどうぞ!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 14:00 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 分類

高血圧の分類は疫学調査などから
日進月歩していくべきものだとは思いますが、



高血圧治療ガイドライン2019

ではまた変更が加えられました。

JSHガイドライン2019の分類

 正常血圧
  診察室血圧:sBP<120かつdBP<80
  家庭血圧:sBP<115かつdBP<75
 正常高血圧
  診察室血圧:sBP 120-129かつdBP<80
  家庭血圧:sBP 115-124かつdBP<75
 高血圧
  診察室血圧:sBP 130-139またはdBP 80-89
  家庭血圧:sBP 125-134またはdBP 75-84
 I度高血圧
  診察室血圧:sBP 140-159またはdBP 90-99
  家庭血圧:sBP 135-144またはdBP 85-89
 II度高血圧
  診察室血圧:sBP 160-179またはdBP 100-109
  家庭血圧:sBP 145-159またはdBP 90-99
 III度高血圧
  診察室血圧:sBP ≧ 180またはdBP ≧ 110
  家庭血圧:sBP ≧ 160またはdBP ≧ 100
 孤立性収縮期高血圧
  診察室血圧:sBP ≧ 140かつdBP<90
  家庭血圧:sBP ≧ 135かつdBP<85

ということでどんどんと正常血圧が
下がってきているということがわかります。

そして患者背景で更なるリスク分類が加えられました。

 リスク第一層
  予後影響因子なし
 リスク第二層
  65歳以上、男性、脂質異常症、喫煙のいずれかあり
 リスク第三層
  冠心血管病既往、非弁膜症性心房細動、糖尿病、
  蛋白尿+のCKD、リスク第二層が3項目以上

 まとめると、、、

  高血圧
   リスク第一層:低リスク
   リスク第二層:中リスク
   リスク第三層:高リスク
  I度高血圧
   リスク第一層:低リスク
   リスク第二層:中リスク
   リスク第三層:高リスク
  II度高血圧
   リスク第一層:中リスク
   リスク第二層、第三層:高リスク
  III度高血圧:高リスク

となります。
それぞれで介入の流行も
異なるように設定されています。

日常診療の中で高血圧患者さんは非常に多いので、
どの診療科でもアップデートしておきたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

posted by いしたん at 06:34 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

ステロイドパルス

ステロイドパルスとは
mPSLコハク酸エステルNa 1 gを
生食(5%Glu or 3号液)100(-500) mLに溶かして
1時間(30分〜2時間)で投与する治療法です。
3日間を1クールとします。

歴史的には1969年に
移植腎の急性期拒絶反応による
間質性腎病変に使われたのが
最初の報告だそうです。
(Lancet. 1969 Feb 15;1(7590):338-40.)

その後1976年にループス腎炎にも
有効だと報告があったため
(Lancet. 1976 Jan 24;1(7952):163-6.)
免疫疾患などで広く使われるようになったそうです。

ある免疫内科のドクター曰く
免疫内科の伝家の宝刀だそうです。笑

ある日のこと、、、

あるレジデントの先生が言いました。

「ステロイドパルスをするときって
 何かとってもエネルギーが湧くよね。
 ついつい「バルス」って言ってしまいそうになる。」

あー、伝家の宝刀を抜く気合を表現したんだねー。

『ははは、見ろ!病気がゴミのようだ』

ムスカになった悪ノリするレジデントくん。



想造ガレリア ロボット兵 FULL ACTION Ver.(MECHANICAL CLEAR)&ムスカ◆新品Sa【即納】【コンビニ受取/郵便局受取対応】

楽しい職場です。笑
決して患者さんの前では言わないでね。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:54 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち