お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年09月01日

心理療法

心理療法とは何ですか?

研修医くんの素朴な質問でした。

簡単に言うと障害になっている
心理社会的因子を取り除くことや
患者さんの視点の変化を目的に
対話などをすることですかね。

と心理士さんの答えでした。

心理社会的因子は
準備因子、発症因子、持続因子、増悪因子の
4つに分かれていて
そのどこに障害を生み出す原因があるかを
検討していくことが重要なのだそうです。

それをどう介入していくかで
いろいろな種類の治療法があるんだそうです。

ということでそれぞれの因子の
一覧を作ってみました。

 準備因子:発達課題の達成をクリアできなかったなど
  乳児期・幼少期:愛着形成
   過干渉、低ケア、虐待、ボディタッチの不足、両親の不和、同胞葛藤、家族内交流不全
  学童期
  思春期
  青年期
   いじめられ体験、集団生活の恐怖、劣等感、不適応
  発症前の成年期
   職場:いじめられ体験、上司や同僚との交流不全、劣等感、過労、不適応
   結婚後:経済的苦境、子ども養育の問題、家庭内暴力、配偶者との交流不全、両親の介護、遺産相続問題、家老
   医療現場:医療事故、医療スタッフとの交流不全
   老後:生活空間への不満、生きがいの喪失、孤独感、配偶者の死去、死の恐怖
 発症因子
  外傷、交通外傷、病気の発症、手術、注射、過労など
 持続因子
 増悪因子
  休息を取らない

複雑なことはできなくても
上記のスクリーニングくらいは
日常診療でもできるようになりたいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

posted by いしたん at 22:54 | Comment(2) | 精神科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち