お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年12月19日

サルモネラ菌

サルモネラ菌ってこんなに沢山の種類が存在するんですね!

研修医くんが驚きの声をあげていました。
Salmonella属は沢山の名前がついていますからね。

でも種としてはSalmonella entericaと
S.bongoriの2種類だけなんです。
S. entericaがO抗原(菌体抗原)とH抗原(鞭毛抗原)で
2000種類以上の血清型に分類されています。

■分類
Salmonella enterica
 sub-species I
  S. Enteritidis(O9群)
  S. Infantis(O7群)
  S. Paratyphi A(パラチフス菌)
  S. Saintpaul(O4群)
  S. Thompson(O7群)
  S. typhi(チフス菌)
  S. Typhimurium(O4群)
 sub-species II
 sub-species IIIa
 sub-species IIIb
 sub-species IV
 sub-species VI
S.bongori(sub-species V)

といった具合です。

めちゃめちゃ多いので記憶できません。笑
CDCのNational Surveillance of Bacterial Foodborne Illnesses (Enteric Diseases)に
感染の発生状況などとともにサルモネラ属の
一覧も記載されています。
参考にみてみてもいいかと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:34 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

僕のコーチはがんの妻

僕のコーチはがんの妻という本はご存知ですか?

癌になった奥さんを助けるために
教えてもらうことになった料理が
実は奥さんからの贈り物だった。

そんな泣ける実話なのだそうです。



僕のコーチはがんの妻 (角川書店単行本)

癌患者さん・その家族の目線での話を
頭に入れておくことは医者としても重要ですし、
食生活が偏りがちな先生方には副産物もあります。笑

一読をお勧めします。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:02 | Comment(0) | ホスピス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

医療訴訟

医療訴訟の勉強会に参加してきました!

医療訴訟とは医師 or 歯科医師 or 医療補助者の
患者に対する診断、検査、注射などの
医療行為の過失に基づく被害を理由とする
損害賠償請求等の通常訴訟事件と定義されているようです。
つまり患者側が病院や医療スタッフを訴える裁判のことですね。
民事訴訟の一つです。

大都市では地裁の中に医事部という
医療訴訟に特化した専門部局があり、
迅速で妥当な解決に取り組んでいるようです。

医療訴訟は以下の手順・流れで進みます。

 訴え提起
 争点整理
 証拠調べ
  書証
  証人尋問
  鑑定
 判決
 >>>
 途中で和解になることも

審理期間は全国平均で2年だそうです。
中には5年かかるということもあるそうです。

訴えが争点になるになるためには
以下の4つの要件が必要になるようです。

 過失
  ある結果の発生が予見可能でそこに対策を打たなかった
  分類
   作為型
   不作為型
  認定手順
   当時の医療水準を基準とする(医療機関ごとの性格なども考慮する)
 権利・利益の侵害
 損害
 因果関係
  作為型:あれがなければこれがなかった
  不作為型:あれをしておけばこれがなかった

事例としてアラーム見落とし、
輸血拒否事例など様々な問題を知りました。

医者、看護師など職種に関わらず、
メディカルスタッフであれば裁判になる
可能性は0ではありません。
知っておいて損はないかと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:13 | Comment(0) | 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち