お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年05月31日

免疫チェックポイント分子

免疫チェックポイント分子とは
免疫応答にブレーキをかける分子のことです。

様々な種類の分子が分類されています。
以下に抗原提示細胞・癌細胞側→T細胞側という順番で
それぞれのパートナーを記載しています。

 MHC→TCRやLAG3
 ガレクチン9→TIM3
 PD-L2→PD-1
 PD-L1→PD-1やCD80
 CD80やCD86⇄CTLA-4
 CD155やCD112やCD113→TIGHT
 HVEM→BTLAやCD160

この中で現在の癌の治療に用いられているのは
CTLA-4とPD-1、PD-L1です。
免疫チェックポイント療法ということで
その抗体が臨床応用されています。

今後は他の分子を標的とした
更なる治療が開発されてきそうですね。
癌が大したことない病気に早くなるといいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 15:25 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腫瘍抗原

腫瘍抗原とは癌免疫応答において
最も基本的な概念です。

癌では遺伝子の変異が蓄積することにより
正常細胞より恒常的・増強して発現するようになったり
正常細胞には発現がないものを発現するようになったりする
抗原のことを腫瘍抗原といいます。

歴史的には1991年にヒト癌抗原が単離されたことが始まりで
(Science. 1991 Dec 13;254(5038):1643-7.)
1997年にSEREX法が開発されてから
(Proc Natl Acad Sci U S A . 1995 Dec 5;92(25):11810-3.)
次々と腫瘍抗原が同定されていきました。

腫瘍抗原は以下のように分類されています。

■分類
腫瘍関連抗原
 一部の正常組織にも発現するが癌組織ではより恒常的・増強して発現する抗原
 組織特異的分化抗原
  癌組織とその癌の由来の臓器に飲み発現する抗原
  メラノーマのgp100、チロシナーゼタンパク質
 過剰発現タンパク質抗原
  癌細胞で正常組織より発現量が増加している
  HER2
腫瘍特異的抗原
 正常細胞には発現がない
 癌精巣抗原(CT抗原)
  MAGE
  NY-ESO-1
  ※精巣はMHCを発現していないため免疫応答は惹起しない
 ネオアンチゲン

この腫瘍抗原自体をペプチドワクチンとして
単に投与するということでは
不十分であると認識されるようになったのですが、
Nat Med . 2004 Sep;10(9):909-15.
以下のような改良を入れつつ
まだまだ開発が続いているそうです。

 長鎖ペプチドを用いる
  短鎖だとMHC class Iに乗るため免疫寛容が誘導されうるから
 ネオアンチゲンを用いる
 免疫チェックポイント阻害薬との併用
 CTLを誘導する

免疫チェックポイント阻害薬にしても
腫瘍抗原を認識するT細胞などを活性化する
つまり細胞性免疫を活性化する治療法になりますので、
まずは腫瘍抗原について知っておきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:58 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月29日

病院説明会

病院説明会をやってきました。

昨年のコロナ以降社会情勢が色々と変化して、
今年もやっぱりオンラインでした。

パソコンの準備、配信会場の設定、
カメラの用意、パスワードの管理など
ちょこちょこしたものはありました。
でも大規模な会場を高額で予約したり、
会場まで移動したりなどの
これまでの大変な準備と比べれば
チョチョイのちょいでした。笑

服装もスーツなども着なくていいですし、
参加するときの持ち物も少なくてとても楽でした。

参加者はZoomを使うことによって
遠方の医学生さんや研修医さんが
多く参加されていました。

それはとても嬉しいのですが、
説明するドクター達に伺うと
オンラインで録音されているかもしれないし、
わざわざ会場まで来て対面で話すわけじゃないので、
軽い気持ちでの参加も多そうだから、
なかなか難しいよねーとのことでした。

確かに参加者側としては
顔で覚えてもらうのは至難の業なので
しっかりと質問したりとか
病院説明会の後にメールなどで
ちゃんと覚えていただけるような
工夫をしなければならないのかなと思いました。

環境が変われば重要なテクニック?技術?も
変わってくるんだろうなーと思いました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:00 | Comment(0) | 医師 マッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち