お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2014年10月01日

肺癌 予後

非小細胞肺がん(NSCLC)の予後はTNM分類が最も寄与している [Groome PA et al. J Thorac Oncol 2007; 2:694.]。ステージIAの平均生存期間は59カ月であり、ステージIVでは4カ月であった。

TMN分類と独立した予後因子として、進行期ではPerformance status(PS)、食欲低下、体重減少やEthnicityがある。NSCLCは、病理学的所見も重要である。腺癌・扁平上皮癌といった組織型の違い、分化度やリンパ管浸潤の程度も予後に関係している。他にもMolecular characterizationによる差も示唆されている。

様々な因子がありどの予後データを適応するかは考慮が必要である。肺腺癌であり、手術時に癌性胸水があったstage IVの方であれば[Wu SG et al. Eur. Respir. J. 2013 41(6):1409-18] を使うのが適当かと考える。この論文によると初回診断時に悪性胸水のある患者では14.3カ月であった。この研究の問題は台湾人しか登録されていないことや、必ずしもEGFR-TKIを使用していないことなどがあり、日本での症例にそのまま使ってよいかは検討がこれから必要であろう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:予後 肺癌 統計
posted by いしたん at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち