お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2014年12月26日

肝細胞癌 予後

肝細胞癌の予後は,腫瘍の進展度と肝機能で決まります。

ですから、TNM分類は腫瘍因子だけからのステージ分類であり
不完全なものであると考えられます。
腫瘍の伸展度と肝機能を合わせて分類する方法として
イタリアからのCLIP Scoreや
日本からのJIS Score
などが知られています。
[Kudo M, et al. J. Gastroenterol. (2003)]

例えば、Child-Pugh分類とTNM分類が
それぞれB、stage IVであった場合、
socreは4となり1年未満で半分の方が亡くなります。

これはソラフェニブなど新薬前のデータですから
必ずしも目の前の患者さんに適応できるかは
分からないことに注意が必要です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち