お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年02月10日

家族

家族や結婚についていしたんの
偏見だらけの意見を書きます!

ムッとされる方もいるかもしれません。
そういう方はスルーして下さい。

中年になるといろんな病気が出てきます。
生活習慣病、循環器/呼吸器疾患、
膠原病、内分泌疾患、炎症性疾患、
中には腫瘍だってチラホラと
見つかってきます。

病状説明とか栄養指導といったことで
家族を呼んでいただくことがありますが、
そういう時にご両親がいらっしゃる
中年の患者さんが最近とても多いように感じます。

こういうときにいしたんはとても悲しくなります。

ちょっと昔は中年の方の家族は
奥さんとか旦那さんとか、
兄弟ということが多かった気がします。

結婚されていない方が増えている。
一人っ子も増えている。
その結果がこういうことになっているのでしょうか。

また実務的なことを言えば
高齢者の親がきちんと説明を理解されているのか
不安になることもあります。
また、若い家族のようにフットワークが
軽くないのでいろいろと時間もかかります。

もし結婚されていたら、
内縁の妻でもいいからパートナーがいたら、
お子さんがもしいたら、
そんなことを考えてしまいます。

結婚して家族のいる患者さんは
在宅医療への移行もとてもスムースです。
病床も明るいことが多いです。
弱音を吐ける相手がいるのは
医療者としても心強いです。

だから結婚しろなんて言わないし
セクハラですから言えないですけど、
結婚って大変なこともあるでしょうが
それ以上に幸せなことなんじゃないかと思うんです。

元気な時には中々気がつけないですけど、
一度考えてみてほしいです。
婚活ブームはとってもいいことだと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:家族 結婚 病気
posted by いしたん at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち