お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年02月14日

ウィンターセミナー

ウィンターセミナー2015を
聖路加看護大学で受けてきました。

膠原病の大家が沢山いて
すごく勉強になりました。
やはりその道の一番っていうのは
自由というかとても活き活きと語りますね。

とても元気をもらいました。

ただ、一番嬉しかったのは
昔の知人に沢山会えたことです。

大学のときの先輩、部活の先輩、
初期研修医のときの先輩、
そんな懐かしい出会いがありました。

皆頑張ってるんだなと思うと
本当に元気になります。

結局偉くなる人も
大学のときの知り合いの誰かなんです。
つまり皆にもそのチャンスはあるってことです。

日常診療の中に
沢山の知識があふれています。
自分の経験をしっかり積み重ね、
見直すことができれば、
論文とか新しい知識を生み出すことも
できるかもしれない。

インフルエンザ濾胞なんかも
そういった類の知識だと思います。

目の前の時間がとても大切なんです。
目の前の人がとても大切です。
あなたが経験している患者さんが
かけがえのないものなんですよ。

明日もセミナー楽しんできます♪

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち