お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年04月13日

救急車対応

救急車対応について
一通りの手順のテンプレートです。

救急車ではABCが重要だったり
脳梗塞が疑われt-PA適応だった場合は
神経診察と頭部CTとMRIとが
先にきたりしますので
walk-inとは少々手順が異なります。

救急車対応
●歳●性

【主訴】
【現病歴】

A)会話可能 頚椎カラーあり
B)呼吸苦(-) 呼吸音左右差(-) 気管偏位なし
C)胸痛(-) 橈骨動脈触知良好  明らかな出血(-) 心音:リズム整 雑音(-) HR /min、BP / mmHg
D)GCS:E4V5M6、片麻痺(-)
E)保温:布団、BT ℃

補液・モニター(ECG:異常(-))・血液検査・ガス・酸素投与

A)食べ物(-) 薬(-)
M)常用薬:
  サプリメント:
P)月経:
  既往歴:
L)●時
E)現病歴へ
  周囲の流行:
  ●●と同居

log roll法)
脊椎の叩打痛(-) 頚部も特に圧痛(-) 紫斑など(-) 殿部に軽度圧痛あり

FAST)圧痛(-) 胸水(-) 腹水(-) 肝破裂(-) 腎破裂(-) 脾破裂(-) 膀胱内液体少量

<C-Xp>明らかな骨折(-) 胸水(-) 縦隔の拡張(-)
<骨盤Xp>明らかな骨折(-)

骨盤動揺(-) 会陰:異常所見(-)

<頚椎〜骨盤CT><頭部打撲もあればパンスキャン>

頚部: 疼痛所見(-)→カラー外す

【生活歴】
職業:
飲酒:
喫煙:
ADL:歩行(自立) 食事(自立) 排泄(自立)
【精神状態】特記無し
【宗教・信仰】考慮事項なし
【疼痛評価】なし

使ってみて何かコメントが有れば
いただけると幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち