お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年04月15日

川崎病 テンプレート

川崎病のテンプレートを作りました!

【A】
<川崎病診断基準>
1.5日以上続く原因不明の発熱
2.眼球結膜の充血
3.口唇、口腔所見:口唇発赤・苺舌
4.不定形発疹
5.四肢末端の変化:硬性浮腫・嘗蹠ないし指趾先端の紅斑
6.急性期における非化膿性頚部リンパ節腫脹

●項目の症状を満たしており、川崎病と診断する。現在発熱●日目であり、●●投与を考慮する。
腹痛・嘔吐・下痢がないこと、井戸水摂取がないことからエルシニアの可能性は低い。迅速診断結果からアデノウイルス、溶連菌感染症も可能性も低い。

<原田のスコア>
1.白血球数12,000/mm3以上
2.血小板数35×10^4/mm3未満
3.CRP3+(約4.5mg/dl)以上
4.ヘマトクリット35%未満
5.血清アルブミン3.5g/dl未満
6.年齢12か月未満
7.男児

●項目を満たす。冠動脈病変危険群ではない。
また、心エコー検査では冠動脈疾患は認めない。

<群馬のスコア>
1.Na 133mmol/L以下
2.AST 100IU/L以上
3.治療開始(診断)病日 4病日以前
4.好中球 80%以上
5.CRP 10以上
6.月齢 12ヶ月以下
7.血小板数 30万/mm3 以下

●点。ガンマグロブリン治療不能予測群ではない。

<久留米のスコア>
ALT    80以上
月齢   6ヶ月未満
診断病日 4病日以前
血小板数 30万以下
CRP    8以上

●点。ガンマグロブリン治療不能予測群ではない。

【P】●病日であることからIVIG 2 g/kg/day施行。
   フロベン 5 mg/kg/day内服。
   スコアからはIVIG治療抵抗性ではないと予想される。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち