お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年04月15日

抗菌薬 使い分け

抗菌薬の使い分けってとても難しいですよね。

薬理学の本はどうも硬すぎて
頭に入って来ない。

というわけで有名ですけど



抗菌薬の考え方,使い方 ver.4 魔弾よ、ふたたび…

がおすすめです♪

特に研修医になったばかりで
抗菌薬のイメージがわかない人には
とても良いと思います。
抗菌薬を標的毎にわけるアイデアは
とっても分かりやすい。

ただ、この本は欠点があると思います。
というのは、患者さんを○○病だと診断して
病気から抗菌薬を調べることができません。

だからこそ今日の治療指針を薦めているのですが、
しっかり感染症について書いてある本で
感染臓器から抗菌薬を選択する指針がほしいのなら、



感染症診療のロジック

とてもいいでしょう。

では、臓器からのアプローチだけで
抗菌薬を選択していいのか?
感染症の基本は、患者状態、臓器、起炎菌です。
菌からのアプローチも必要です。

そういう場合は、菌の同定に必要な
グラム染色や培養の理解、
そして菌からその感受性を経て
抗菌薬選択に至る。
こういう手順が欠かせません。

であればこれでしょう。



感染症ケースファイル―ここまで活かせるグラム染色・血液培養

いろいろな先生が感染症の本を
書かれていますが、
抗菌薬自体の理解、
臓器からの抗菌薬の選択、
細菌からの抗菌薬選択という
3つの角度で情報を得ることが
大事だろうと思います。

そういう意味では感染症まるごと この一冊もオススメです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 抗菌薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち