お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年06月27日

研修医を、学生を指導する

指導するとは同じことを
言いきかせ続けることです。
ブレてはいけない。

違う意見を言うときには
その根拠をしっかりと
明示する必要があります。

そうでなかったら、
あの先生は昨日はこういってたのに
今日はこういってると
相手からの信頼はゼロになるでしょう。

だからこそ分かり易さが
何より重要だと思うんです。

後期研修医の先生、あなたが教えたいことは
どれだけシンプルにできていますか?
また、逆も然りだと思います。
研修医くん、君は習いたいことを
どれだけ具体的にできていますか?

お互いにそれが足りない時に
ぶつかっているような気がします。

で、そういった先生に限って
相手を評価する方法、
つまりアウトカムも
具体的ではなくて
ただの心証による
八つ当たりをしているものです。

相手のことを責める前に
お互いに自分を見直すことも
必要なのではないでしょうか。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち