お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年07月12日

嫌な上司の対応策

研修医になって思い出深い
嫌な上司との話です。

仏の顔も三度までで書いたように
どうしても上手くいかない人はいます。
そのときに具体的に
どう対処したかというお話です。

いろいろ悩んでいる
研修医くんがいたので
参考になればと思います。

まずどの程度上手くいかなかったを
紹介しますね。

その女医さんはとても気が強く
まさに女王様タイプと言う人でした。

自分が回る前に同期から
問題のある人だとは聞いていました。

例えば処方継続をしただけで
私の許可なくやらないで!と
怒鳴られたという子がいました。

例えばマカロンなど
貢ぎ物をすれば
関係が良かったという子もいました。

前の失敗を活かさないのは
バカな証拠だという信念がありますので
自分は友達の失敗体験を活かすことにしました。

つまり気がついたことは
いちいち相談に行くことにしました。

最初は気軽に電話してねと言われたので
素直に電話していました。
するともっと気を使えと怒られる。

では処置室の前で待って
タイミングをみはからっていたが
待つ暇があるなら仕事しろと怒られる。

余程急ぐものでなければ
毎日夕方にあるカンファレンス前の時間に
一度に全てを相談することにすると
相談するタイミングが遅いと当たられる。

つまり色々試行錯誤しても
まったく活路がなかったんです。

で、ある日事件が起こりました。

患者さんが発熱しました。

当然CXR、尿検査、血液検査は
必須だと思ったのですが、
勝手にすると怒鳴られるので
相談に行きました。

尿検査は要らないとのことで
CXRのみ撮ることになりました。

最初に自分が胸写を見ました。
「うん、影はない。」
熱源に肺炎はないだろうと記載しました。
痰もはっきりしませんでしたしね。

その記載のあとのカルテで
女医さんがこう記載します。
『肺炎あり抗菌薬開始。』

で、余計なことを書くなと怒鳴られる。

その後胸部CTを撮ることになったのですが
CTでは放射線科から
肺炎の影はないという読影結果。
しかし彼女は肺炎として抗菌薬を続けました。

この患者さんの事件の後
彼女は自分を担当医から
勝手に外していました。

これには衝撃を受けましたね、うん。
主治医とか担当医は
部長が決める権限を持つからです。

で、この人は適当すぎる上
話にならないと判断しました。

とここまでが前提なんですけど、
長々と書きすぎましたね^^;
書き出したら意外といろいろありました。

こう書くと相手が一方的に悪そうですけど、
実際は自分の方もいろいろと
悪い点はあったのだろうとは思います。

ただ、大事なことは
どれだけ大変だったか伝わりましたか?

で、ココからが本題!
どう対応したかです。

相手に何かを訴えてもこじれるだけです。
対応策としては部長の先生に直接交渉です!
この時にこういいました。

『●●先生とペアを組むのを
これ以上やめさせていただけませんか?
自分の未熟さや失礼があり
これ以上●●先生の
仕事の邪魔をしてしまうのが
心苦しいので。』

絶対に人の悪口は言わないことです!
その上でやってほしいことは
ストレートに伝える。

それでも分かる人には
ちゃんと分かります。
ちゃんと察してくれます。

悪口は必ず悪評となって
自分に返ってきますから。

以降この先生と組むことはなく
もっと上級の先生と一緒に
患者さんを見させてもらえて
とても勉強になり
良い研修になりました。

今回は部長への直談判という例を
紹介しましたが、
話せる人なら話あうなどの
方法もあるでしょう。

つまるところ言いたいのは
自分が我慢する、
相手を悪く言う、
そのどちらでもない第三の道を
選択することが大事かなと思っています。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち