お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年07月16日

review of system 医学

review of system、ROSって
結構有名ですね。

米国式症例プレゼンテーションが劇的に上手くなる方法―病歴・身体所見の取り方から診療録の記載,症例呈示までの実践テクニック
この超有名な本にも載ってますしね。

でも使いどころが
分かってない人が多いです。

鑑別疾患をダイナミックに動かすで書いたように
診断に至るまでに最も大事なのは
的確に主訴を捉えることです。

で、その次は痛みのOPQRST
その主訴を具体的に描写すること。

それでも診断がつかないときがあります。

こういうときにROSを使います。

症状を洗いだして
患者さんが異常だと
思っていないために
出て来ない重要な情報を
取り出すのです。

ROSは診断に至るために
不定愁訴の人とか
何だか主張が下手な人に
使います。

例を挙げると不明熱の女性が来ました。
ROSで症状を洗いだすと
日光過敏症と関節痛が出てきました。

結局SLEだったのですが、
『日に焼ければ誰だって赤くなるでしょう』
『少し関節が痛くなるときだって皆あるわよ』
そんな風に思っていたそうです。
そりゃSの関連症状で
日光過敏と関節痛が出て来ない訳です。

ついでなので研修医TIPSですが、
このROSは既往歴を
あぶり出すのに使うと良いでしょう。

過去のカルテに
バラバラに散らばった
既往歴を辿るよりも
余程信頼できる情報が
得られるでしょう。

すると?

上級医から問診が上手いとか
結構褒められます。
また、自分の診察にも
自信がつくでしょうし
良いことずくめです♪

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち