お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年07月18日

皮膚科 教科書 おすすめ

皮膚科の先生で保有率が高い教科書は

あたらしい皮膚科学





今日の皮膚疾患治療指針 第4版 (今日の治療指針シリーズ)

でした。

あたらしい皮膚科学は写真が載っているので
一つの疾患を印象的に学ぶにはもってこいです。

でも、例えば下腿の紅斑の鑑別は?とか
顔面の皮疹の原因は?とか
腹痛とか発熱と一緒に起こる皮疹は?といった
部位とか皮膚の性状を描写した言葉から
鑑別疾患を挙げていくことができません。

それを解決するのが今日の皮膚疾患治療指針です。

第一章がそういう作りになっています。
また、これは今日の治療指針と同様、
処方例が具体的であることもすばらしいです。

鑑別診断にも治療にもとても使えます。

救急外来に置いておきたい一冊。
研修医にも勧めたい一冊です。

プロが使っている本を持つことが
絶対おすすめです♪

あ、医学書院の回し者ではないですよ。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち