お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年09月05日

問診 身体所見 8割 診断

問診と身体所見で8割の診断がつく。
あるドクターは言い張ります。
そのせいかその医師は客観的に
検査をあまりしっかり読めていません。

確かに病歴聴取、医療面接、身体所見は
とても大切な技術です。
でもそこであぐらをかいていてはダメです。

ちょっと考えればわかりますが、
その論理が正しいなら2割の患者さんは
正しく診断できないということです。

その2割は軽症のこともあるでしょうが
意識障害で問診不可能である人も
落としかねないということです。

医療は8割をとれば合格という職業ではない。
プロ野球選手のように3割打てればすごいという
そういう職業ではないんです。

むしろ100%でないとまずい職業です。

病歴聴取と身体所見が大事なのは間違いないですが
全ての検査を読み込む力もつけましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:問診 8割 画像
posted by いしたん at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち