お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年10月03日

一次産業と二次産業の懐の深さ

私の勤めている病院のカバーする地域は
一次産業、二次産業が盛んな土地です。

最近気がついたことがあるんです。

こういう自然相手とかライン作業とか
そういった人相手の仕事ではない場合、
とても人を受け入れるための懐が深いのです。

例えば精神科疾患を抱えた人、
特にうつ病とか統合失調症とか、
人とのコミュニケーションが
とっても苦手でも全く仕事には問題ない。

だからか、家族もゆったり構えています。

一方、東京とか大阪とか福岡とか
都会であれば三次産業が殆ど。
そういう病気になったら
殆どの場合は仕事に支障を来す。

つまり生活が窮するんです。
だからこそ家族も焦る。

何でも都会がいいと思っていました。
でも、都会でお仕事をしていて
精神的にしんどくなっている人が
結構多いですよね。

んー、時代の進歩は凄まじいですが、
人の性質はあまり変わってないのかもしれません。

農家が減っているとか
工場が海外移転しているとか
段々と産業が三次に偏っております。
でもいろいろな意味で
忘れてはならない産業も
あるのではないかなと思いました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち