お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年10月10日

精神科の薬がわかる本

精神科の研修は必ず全員が通る道。
きちんとした本は持っておくといいでしょう。

で、診断にはDSMとかICDとかですね。
現在はDSM-5とICD-10です。
もうすぐICD-11がでるそうですが^^;

さ、診断ができたら次は治療薬です。
ガイドラインはとても有効ですから
しっかり読む必要があります。

でも、それではわからない感覚的なところ、
使い分けのポイントなどが分からない。

そこで!

IMG_4658.jpg

精神科の薬がわかる本 第3版

精神科の上級医がさらに上級医に薦められたと
私にも進めて下さった本でした。
睡眠薬とか抗精神病薬とか抗てんかん薬とか
とても分かり易くていい本でした♪
posted by いしたん at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち