お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年12月07日

腎臓内科レジデントマニュアル

レジデントマニュアルが
あまり好きでなかった自分も
腎臓内科だけはお世話になりました。

IMG_5411.JPG

自分の頃は6版で
もはや表紙もどこか行きました。笑

というのも腎臓内科は
本当に難しかったんです。
病気と病気の境目が。。。

例えば慢性腎臓病と
ネフローゼ症候群と
糸球体腎炎といった病名?が
同時に成り立つこともあります。

一つ一つの言葉が
どういう定義なのか、
そしてそれぞれどう違うのか、
それが本当に難しいんです。

鑑別をあげるにも
症状を描写するのが
難しいのです。

そんなときはガイドラインを見るにも
何から手を付けていいのか
本当に難しいんです。

レジデントマニュアルはそういった見方を
教えてくれる訳ではないですが、
言葉をしょっちゅう調べる必要があるので
手元においておけるのはありがたかったです。



腎臓内科レジデントマニュアル 改訂第8版

今は第8版ですね。
腎臓内科レジデントマニュアル持っていて
本当に助かったなーと思った一冊でした。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち