お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年01月27日

エンゼルケア

医者になって担当した患者さんが
初めて亡くなった経験をしたときのこと。

あれは間質性肺炎急性増悪の
おじいちゃんでした。

昼間まだ話していたのに。。。
亡くなってしまった。。。

悔しさ、悲しさ、
知識のなさ、初めての経験、
本当にいろいろな想いが
頭を巡っていました。

『では体を綺麗にさせていただきますね』

ご家族が一旦病室を出られて
エンゼルケアが始まりました。



「お、俺も一緒にやっていいですか?」

看護婦さんに手順を指導されながら
詰め物をしたり体を洗ったりしました。

マスクがぐじゅぐじゅになるくらい
涙と鼻水が止まりませんでした。

ベッドからストレッチャーに移すとき
こんなに体って重いんだなって
実感したことを覚えてます。



冬らしい気候になって
心筋梗塞も呼吸器疾患も増えます。

初めて患者さんが亡くなる
研修医君やレジデントちゃんも
きっといると思います。


本当に最後の最後まで
一緒にいてみてはいかがでしょう。
いろいろなことを感じて
きっとまた成長できます。
患者さんの死を次の患者さんへの
希望に変えるためにも。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち