お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年01月28日

ヘパリン 使い方

自分のヘパリンの使い方です。

高齢者では初回がもっと減りますし
急ぐときは増減の幅も大きいときもあります。
あとはHITには注意も必要です。
上記に注意の上、参考にして下さい。

・1万単位からスタート(溶かすのは3号液でいいでしょう)
・1日後血液検査で過延長がないかチェック(6時間後が本当は好ましい)
・その後はAPTTが60秒程度になるまで
 ±2000単位で調節
・APTTチェックのための血液検査は
 毎日のことも2-3日毎のことも

という感じです♪


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち