お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年03月18日

薬物中毒 対応

薬物中毒の対応は
『何をどのくらいいつ飲んだか』
ということが重要です。

訊けなければトライエージなど使用します!

その次はその量がどのくらい危ないのかを
判断します。

このときは覚えているとか覚えていないではなく
しっかりした情報が必要です。

自分はこれを使用しています。

IMG_3661.jpg

臨床中毒学

これに載っていなければ
日本中毒情報センターに
問い合わせることもあります。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【救急の最新記事】
posted by いしたん at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち