お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年04月30日

強皮症

強皮症SScは皮膚が硬くなるだけではなく
悪性腫瘍や間質性肺炎、腎クリーゼや偽性イレウスなど
多彩な症状・合併症を呈する大変な疾患です。

根本的な治療が難しく対症療法が基本となるため
患者さんがどのような症状を呈するのか、
何に困っているのかをしっかりと把握することが
治療の第一歩となります。

#強皮症(病型:dcSSc/lcSSc/CREST synd、抗Scl-70抗体、抗セントロメア抗体、抗RNAポリメラーゼV抗体)
症状
 皮膚
  スキンスコア
  硬化範囲→シクロホスファミド
  可動域制限→リハビリ
  色素沈着
  爪上皮の延長
  指尖部瘢痕
 血管
  レイノー→寒冷暴露回避
  毛細血管拡張
  爪上皮内出血点
 消火器
  舌小帯短縮
  GERD
  麻痺性イレウス
 呼吸器
  間質性肺炎
  肺高血圧症→避妊、治療薬
 心病変
 腎
  強皮症腎
治療
 ●●に対して××
検査
 血液検査:Cre/BUN、KL-6、BNP、NT-proBNP
 CXR(年1回)
 胸部CT
 呼吸機能(肺活量)
 SpO2
 6分間歩行試験
 心エコー
 心臓カテーテル:TR-PG
 上部消化管内視鏡

上記はテンプレートを用いて
臓器病変については漏れなく
把握しておきたいところです。

他にも他疾患や薬剤の副作用など
いろいろと気にかけるべきところは
沢山ありますからテンプレを用いて
考えなくても良いところは
少しでもわかりやすくできれば幸いです。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【病院経営の最新記事】
posted by いしたん at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち