お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年06月18日

カンファレンス 苦手

カンファレンスは病棟の情報共有として、
また教育の場として
非常に重要なシーンです。

カンファレンスが苦手
もしくは下手という研修医君と
上手とか分かっているという印象の
レジデントちゃんがいます。

上からみていて思うのは、
話の中に"節"があるかないかが
一番の違いだと思います。

言い換えると大事なのは
病名をきっちりと挙げることです。

例えば、、、

『●●は陰性で、××も陰性でした』

という文章がダラダラ続くよりも、

『●●は陰性であり▲▲病は否定的で
 ××が陰性でしたので■■症候群の可能性も
 低いと判断しました』

という一言があるだけで
"こいつ考えてるな"と思うものです。

まずは病名を込めてプレゼンしてみること。
これを心がけてみてはいかがでしょうか。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | カンファレンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち