お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年06月29日

中心静脈カテーテル

中心静脈カテーテルの挿入は
しっかりと記録が必要です。
自分の作ったテンプレートです。

再度刺し直したりするときなど
挿入の深さなどは前回の記録があるだけで
余計な失敗を防ぐのも目的の一つです。

記録することで自分のミスも
しっかりと認識できるでしょう。

■実施記録
実施医師:●●(●科●年目)
看護師:
タイムアウトの実施:あり
挿入場所:病棟、病室、処置室
穿刺部位:内頚(右)
挿入法:シース法
 ECGモニター:無
 透視:無
エコー:交叉法
使用カテーテル:CVカテーテル(ダブル)
本穿刺の回数:1回
留置:12 cm、三点固定
挿入確認:CXRで位置確認済み、バックフローあり
合併症:無
局麻施行から固定終了まで:●分

お役に立てば!


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち