お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年08月15日

ビタミンK 食品

ワーファリンのコントロールのときは
ビタミンKを含有する食品は避けないといけません。

そんなことは学生でも知ってますよね。
クロレラと納豆と覚えたような。。。

ではどの位のvit Kの量を摂取して良くて
具体的には何を避けなければならないのか。
医療現場に立ったらその知識が必要です。
でないとPT-INRがジェットコースターになりますから。笑

ワーファリンの使用時は
vit Kは80 μg/dayの摂取が理想的だそうです。

vit K含量が100 μg/100 g以上の食品は禁止となります。

一覧表を調べればその食品は出てくると思いますが、
納豆、パセリ、しそ、モロヘイヤ、かぶや大根の葉、
春菊、よもぎ、小松菜、昆布の佃煮、
ほうれん草、菜の花、ケール(つまり青汁)、かいわれ大根、
抹茶、わかめ、ひじき。。。

本当に沢山あります。
和食が楽しめないですね^^;

ですから、患者さんにお伝えするときは
きちんとした情報を伝えて一緒に気をつけていくことが
本当に大事なことです。

栄養学を勉強しましょう!


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
医療系学生ですが、学校でワーファリンとV.Kの事は習いましたが、詳しい数字までは話が無かったな〜〜と思い出しておりました。
数字もサッパリ、、、やばい(^◇^;)
勉強になります。また拝見致します!
Posted by めりー at 2016年08月27日 21:51
めりーさん

自分が初期研修医だったら知りたかったことをテーマにブログを作っています。
お役に立てば幸いです。
Posted by いしたん at 2016年08月28日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち