お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年08月20日

睡眠薬

睡眠薬は沢山の種類があるので
分類を押えておくことが重要です。

全ては使えなくても良いでしょう。
まずは各群から2剤ずつ使えるように
副作用などしっかり理解しましょう♪

一覧にしてみました♪

●ベンゾジアゼピン受容体作動薬
・超短時間作用型
 トリアゾラム(ハルシオン、パルレオン)
 ゾルピデム(マイスリー)
 ゾピクロン(アモバン)
 エスゾピクロン(ルネスタ)

・短時間作用型
 エチゾラム(デパス)
 ブロチゾラム(レンドルミン)
 リルマザホン(リスミー)
 ロルメタゼパム(ロラメット、エバミール)

・中間作用型
 フルニトラゼパム(ロヒプノール、サイレース)
 エスタゾラム(ユーロジン)
 ニトラゼパム(ベンザリン、ネルボン)
 ニメタゼパム(エリミン)

・長期作用型
 フルラゼパム(ダルメート、ベノジール)
 クアゼパム(ドラール)
 ハロキサゾラム(ソメリン)

●メラトニン受容体作動薬
ラメルテオン(ロゼレム)

●オレキシン拮抗薬
スボレキサント(ベルソムラ)

バルビツール系はもう使いません。

ただし!

病棟で処方することはありますが、
睡眠薬は不眠治療の第一選択ではありません!
原因を特定することが何よりも重要です!
そこはしっかりと覚えておいて下さい!

睡眠薬 ガイドラインもしっかり読みましょう♪

そういえば、病棟で眠れないという10歳に
睡眠薬を勧めていた研修医くんもいたっけな〜。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マイスリー・レンドルミン・ロゼレムなどは、けっこう、利用者さんに

処方されてて、よく耳にします。

利用者の残薬があって、普通に眠れる私が飲んだら、どんなふうに

なるかな、と思って、レンドルミンを飲んでみたことがありました(^^;;

休みの前の夜に飲んだら、次の日、半日は、ぼぉ〜っとしてました(>.<)

ははっ(^^;; さすがに、効きました〜

体験してみるのも、勉強ですね。
Posted by ドリ at 2016年08月25日 22:28
ドリさん

お〜、あまり無茶しないで下さい。。。
Posted by いしたん at 2016年08月28日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち