お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年09月08日

輸液ポンプ

研修医のときは何でもできるように
いろいろと覚えるように頑張りましょう。

輸液ポンプやシリンジポンプも
例外ではないでしょう。

自分はテルモのTE-161やTE-161Sしか
使ったことがありませんけど、
しっかりと説明書を一度は読んでみましょう。

自分の使い方と注意していることを書いてみます。
参考になれば♪

@点滴台にバランスよく設置
 (倒れてはいけませんからね!)
AONにするとセルフチェック
Bコードをつなぐ
 (理由はバッテリーは30分しか持たないので)
C点滴ルートは専用のものを使いましょう
Cクレンメはポンプの下流でできるだけ上におく
 (その訳はポンプの上流にクレンメがあって閉じていてもアラームが鳴らないからだそうです)
Dair抜き後にポンプにセット
E24 h毎に15 cm以上ずらす
 (目的はへたったチューブを避けるため)
F予定量、流量を入力
 ※ありえない量設定だと開始を長押ししないとスタートされないので注意です

何かあればご意見お願いします!
シリンジポンプの使い方も参考になれば♪


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち