お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年10月04日

腰椎穿刺 量

腰椎穿刺・ルンバールの前にチェックすること!

それはどれだけの髄液が必要かの確認と
どのくらいの深さを刺さねばならないかです。

そのために、どの検査を行う予定なのか、
それはどのくらいの液量が必要なのか、
検査室に問い合わせて決める必要があります。

当院では髄液一般、培養、生化学が
それぞれ1 mLでいいことになっています。
保存検体も含めて2 mL×5本が多いですが。。。
施設によっては量が異なると思われます。

そしてどのくらい刺すのかは
CT検査をしていれば皮膚から髄腔までの
距離を測定しておきましょう。

終わった後は腰椎穿刺 記録を忘れずに!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち