お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年10月25日

プロトンポンプ阻害薬

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は
よく使うお薬の一つです。

一覧にして自分なりに
比較検討しておくといいでしょう。

●エソメプラゾール(ネキシウム)
 オメプラゾールからS体のみを分離したもの
 CYP2C19への親和性が低く遺伝子多型の影響をうけにくい
 ポロトンポンプに不可逆に結合
 胃液で活性体になる(スルホンアミド体)
 薬価が他のPPIより高い
 内服薬
  20 mg 1回/day:胃十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zolinger-Ellison症候群、NSAIDs投与下の胃潰十二指腸瘍、低用量アスピリン投与時における胃十二指腸潰瘍
  20 mg 1回/day → 10-20 mg:GERD
  10 mg 1回/day:非びらん性胃食道逆流症

●オメプラゾール(オメプラール、オメプラゾン)
 内服薬
 静脈注射(アルカリ性製剤なので生食とブドウ糖以外との配合不可)
  20 mg 1回/day:胃十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zolinger-Ellison症候群
  20 mg 1回/day → 10(-20) mg:GERD
  10 mg 1回/day:非びらん性胃食道逆流症

●ランソプラゾール(タケプロン)
 内服薬
 静脈注射薬もある
  30 mg 1回/day:胃十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zolinger-Ellison症候群
  30 mg 1回/day → 15-30 mg:GERD
  15 mg 1回/day:非びらん性胃食道逆流症、NSAIDs投与下の胃潰十二指腸瘍、低用量アスピリン投与時における胃十二指腸潰瘍

●ラベプラゾール(パリエット)
 内服薬
  10(-20) mg 1回/day:胃十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zolinger-Ellison症候群、GERD(必要なら20 mg 2回/dayまで増量可)
  10 mg 1回/day:非びらん性胃食道逆流症
  5(-10) mg 1回/day:低用量アスピリン投与時における胃十二指腸潰瘍

●ボノプラザンフマル酸塩(タケキャブ)
 薬価がネキシウムより更に高価
 内服薬
  20 mg 1回/day:胃十二指腸潰瘍
  20 mg 1回/day → 10-20 mg:GERD
  10 mg 1回/day:NSAIDs投与下の胃潰十二指腸瘍、低用量アスピリン投与時における胃十二指腸潰瘍

タケキャブも最近出ましたし、
どんどん増えてますね〜、
プロトンポンプインヒビターは。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち