お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年12月08日

ステロイド

ステロイドは本当にいろいろ種類がございます(^^)
使いどころやお互いの強さの換算が
できることが大事です。

以下ステロイドの一覧とそれぞれの力価です。

●短時間作用型
コルチゾン 抗炎症作用 0.7 Na貯留作用 0.7 半減期 半日
コルチゾール・ヒドロコルチゾン 抗炎症作用 1 Na貯留作用 1 半減期 半日
コハク酸ヒドロコルチゾンNa 抗炎症作用 0.8 Na貯留作用 0.8 半減期 半日
リン酸ヒドロコルチゾン 抗炎症作用 1 Na貯留作用 1 半減期 半日

●中時間作用型
プレドニゾロン 抗炎症作用 4 Na貯留作用 0.6 半減期 1日
メチルプレドニゾロン 抗炎症作用 5 Na貯留作用 0.5
コハク酸メチルプレドニゾロンNa 抗炎症作用 5 Na貯留作用 0.5 半減期 1日
トリアムシノロン 抗炎症作用 5 Na貯留作用 0 半減期 1日
トリアムシノロンアセトニド

●長時間作用型
デキサメタゾン 抗炎症作用 20-30 Na貯留作用 0 半減期 2日
リン酸デキサメタゾンNa 抗炎症作用 20-30 Na貯留作用 0 半減期 2日
ベタメタゾン 抗炎症作用 20-30 Na貯留作用 0 半減期 2日
メチルプレドニゾロン 抗炎症作用 20-30 Na貯留作用 0 半減期 2日
コハク酸メチルプレドニゾロン
ベクロメタゾン
ベタメタゾン酢酸エステル・ベタメタゾン酢酸エステルNa
酢酸メチルプレドニゾロン

お役に立てば幸いです♪

間違いなどあればお知らせ下さい。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち