お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年12月14日

ステロイド 低用量 高用量

ステロイドの表現で一番困るのは、
低用量・少量、中等量、高用量という表現でした。

一体どれくらいの量のことをさしているの?

治療の本を見たって、いざ実行するときは、
一体どのくらいの量にすればいいんだ?
と迷ってしまったことを覚えています。^^;

分野によってもその定義は違っているようです。
必ず確認しましょう。

欧州リウマチ学会(EULAR)の定義を載せておきます。

低用量・少量:PSL≦7.5 mg/day
中等量:7.5<PSL≦30 mg/day
高用量:30<PSL≦100 mg/day
超高用量:100 mg/day<PSL
パルス療法:250 mg/day<PSL

文学的な表現は実行するときはややこしくなります。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち