お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年01月03日

医者 患者 電話

医者から患者さんへ電話することは
大切な医療技術の一つだと思います。

というのは医者として
いつも気にしてほしいのは
自分の診断が正しかったか?
自分の治療は正しかったか?
ということです。

特に研修医くんやレジデントくんなど
修行中の身であればなおのことです。

フォローで院内紹介をしていれば
カルテを観ておけば大丈夫だと思いますが、
そうしなかった場合は結果を知ることは難しいです。

そんなときに患者さんに電話してみましょう!
直接その後の調子を訊いてみましょう。

『あれからどんな調子ですか?』
『体調が悪くなっていませんか?』

そんな感じで様子をうかがいます。
もし悪化していれば再受診を薦めることもできます。

フォローアップの電話を嫌がる患者さんは
これまで経験がありません。

自分が正しいことをできたのか、
それを確認していくことは
医者としての技量を磨いていく
重要なステップです♪

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:医者 患者 電話
posted by いしたん at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち