お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年01月10日

専門科 医師

専門科を持つというのは
どういう医師のことでしょうか。

治療に限っていうならば、
上手くいかない症例を
何とか治せる医者のことだと
僕は思います。

ですから、専門家になるのならば、
医学情報は平均ではなく
ばらつきを注目してみて下さい。

平均とか±2SDに収まる場合は
教科書通りやっておけば何の問題もないでしょう。

でも、心にとどめてもらいたいのは、
残りの5%の人のことです。

論文で有効だったというのは
95%の人のことを言っています。
ですから残り5%は効かないのです。

それを仕方ないとするのが一般医。
それも何とかするのが専門医。

来てくれた人を全員治してやろうとする気概と
その為の深い知識・技術こそが、
一番必要なことやと思います。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち