お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年04月30日

HCV 治療薬

HCV(C型肝炎ウイルス)の治療薬は
近年最も治療の進歩が著しい分野の一つです。
HCV オムビタスビルの発表があったのがついこの前ですが、
既につい数年前と現在では隔世の感があります。

歴史的には
インターフェロン
→リバビリン・PEG IFN
→protease inhibitors (DAA)
と進んできました。

C型肝炎が不治の病というのはもう昔のお話。
2017年4月現在では
完治させるのが当たり前で、
むしろ放置していたら裁判で負ける!
という疾患になっています。

HCVの治療薬の一覧を作ってみました。

インターフェロン

リバビリン:プロテアーゼ阻害薬

NS3阻害薬
 第一世代:IFN併用
  テラプレビルTVR
  ボセプレビル
  →ペグインターフェロン及びリバビリンとの併用なので使われなくなった
 第二世代:IFN併用
  シメプレビルSMV
  バニプレビルVAN
 第二世代:IFNフリー
  アスナプレビルASV
  パリタプレビルPTV:NS3/4Aプロテアーゼ阻害薬
  グラゾプレビルGZR
 Pan-Genotype
  グレカプレビルGLE
  ホキシラプレビルVOX

NS5A阻害薬
 第一世代
  ダクラタスビルDCV
  レジパスビルLDV
  オムスタビルOBV
  エルバスビルEBV
 Pan-Genotype
  ピブレンタスビルPIB
  ベルパタスビルVEL
  MK-8408

NS5B阻害薬
 核酸型
  ソホスブビルSOF
  MK-3682
 非核酸型
  ベクラブビルBEC
  ダサブビルDSB

本当に医療の現場は強烈に学び続けないと
すぐに時代遅れの間違った治療をしてしまいますね。

お役に立てば♪



よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:HCV 治療薬 一覧
posted by いしたん at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち