お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年05月10日

B型肝炎 感染経路

B型肝炎のは感染経路は
大きく2つにわけられます。
垂直感染と水平感染です。

垂直感染(母子感染)に対しては
ワクチンなどで対応が必要です。

水平感染の原因は
昔は医療従事者の針刺し事故、
予防接種での注射器の使いまわし、
HBV感染者からの輸血というのがありました。
現在では殆どありません。

現在でもあるのは
@性交渉
 パートナーがHBVキャリアの場合→B型肝炎ワクチン(HBワクチン)接種で感染予防を
Aピアスの穴あけ・入れ墨などの器具の不適切な消毒
B注射器の共用(麻薬など)
です。

HBV感染を初めて指摘された場合は
上記の感染ルートについて
必ず質問しておくようにしましょう。

B型肝炎はまだ完治が難しいので
(正確にいうとウイルスの完全排除が難しいので)、
感染予防をすることが必要ですから。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち